粗食、少食、断食

持ち物を最小限にしていき、調理器具・調味料も少なくなると、食事の量を少なくしたり、シンプルなものへと変えて行ったりというところにも思考がおよびやすいだろうか。

シンプルな食事としては、加工は切るだけというサラダは手軽だ。

ドミニック・ローホーの本でも食事のシンプル化について取り上げている。

食べる量は控えめにして、スリムに軽やかにいきましょう、みたいな感じ。

健康本としても読み応えがある。

粗食

粗食ときたら和食!

お肉、脂っこいもの、砂糖たっぷりのお菓子はほどほどに。

動物性たんぱく質を摂るなら魚。

野菜、豆類、海藻類、ゴマなどの種子類、キノコ類、を献立に含む。

ご飯、味噌汁、焼き魚、梅干し、納豆、お新香…

文字だけ羅列してと豪華に思える。

現在、粗食は実行中だ。

少食

1日1〜2食程度の方が健康的なのか否か、説は別れている。

私は完全な1日2食に挑戦したとこともあるが、毎日毎日「お腹空いた〜お腹空いた〜( ;´Д`)」という思考で埋め尽くされているので、今はまだ1日3食のまま。

断食

ミニマルライフとは関係なく3日断食を2回したことがある。

断食の前後に、断食と通常食との移行期間を設けることが成功の秘訣だそうだ。

今週の木曜日から3日断食の実施予定なので、その3日前である本日から粗食・少食を心がけないといけない。

断食といっても水のみ飲んで過ごすわけではなく、専用ドリンクを使い固形物を取らないようにする。

そうすると、体がオーバーホールしたような気分に浸れる。

↓今回もこれを使う

実際3カ月くらいは短時間睡眠でOK!になった

私は普段は6時間〜7時間半ほど寝ているが、5時間でぱかっと眼が覚めるのだ。

冬のさむーい朝であっても。

短時間睡眠で体調を壊さなければ、より多くの時間が手に入る。

すると朝の時間がますます充実する。

これに味を占めていると、たまに断食することは素晴らしいと気に入っている。

メッチャ元気!と無敵状態ですよ、ホント。

詳しく調べないでノリでやるのは気をつけましょう

お菓子とか肉とか酒とかタバコとか、粗食・健康の反対を行くヒトがイキナリ断食すると具合悪くなるらしい。

私が初めて断食をしたときは、甘いものを控え断食程度で挑んだ。

普段から和食中心で酒・タバコなしの食事を続けていたので、とくに苦労することなく断食をやれる。

そして断食中は倦怠感が出た(食べてないからね)以外は全く問題なし!でアッサリ終わった。

ちまたに溢れる3千円くらいの断食ドリンクは保存量とか人工甘味料とか入ってるので、個人的にはオススメしない。

体に蓄積したそのテのものをデトックスする目的で断食するので本末転倒になる。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク