シェラカップはミニマリストなら買いたい!万能皿のキャンプ用品

シェラカップはミニマリストなら買いたい!万能皿のキャンプ用品

キャンプ用品や山グッズのコンパクトで機能性重視の製品は、ミニマリストならうってつけのものかと思うが、今回、「こ、これは・・・欲しい!」と衝撃を受けた万能の皿『シェラカップ』を紹介する。

 

シェラカップは金属製のため頑丈なので、落としても割れる心配がなく、アウトドアで活躍します。

また、直火OKであることから、これひとつで焼く・沸かす・煮るなどの調理が可能で、食器兼用に出来る。

これ、買いやろ、まじで。

多用途

深めの皿、スープ用の器、フライパン、コーヒーカップ、軽量カップ、お玉、といろんなものの代わりに仕える

スタッキング

器の形状からm基本的にタテに積み重ねてスタッキングができるため、収納性に優れている。

のちほど紹介するが、持ち手をたたんで収納できるモノもあり、持ち運びに便利。

家で使って良し、そのままキャンプ用品として使って良し。

もち手が熱くなるから注意

もち手まで金属でできているシェラカップは、加熱することで熱くなります。

触るときは要注意

材質はステンレス製とチタン製のモノが多い

シェラカップの一般的な素材として多いのは、ステンレスとチタンです。

ステンレス製の特徴

「錆びにくい鋼」という意味を持つステンレスは、シェラカップで多く使われる素材です。

チタンよりは重量がありますが、丈夫で、油汚れなども水で洗って落とせるので、手入れも簡単。

チタンよりも熱伝導性に優れており、効率的な調理ができます。

ただし、本体や持ち手が熱くなりやすいので、熱い液体を入れるときや直火での調理の際には注意が必要。

手頃な価格で購入できるため、気軽に使えるモノが欲しい方におすすめです。

チタン製の特徴

一方チタンはステンレス製のものと比べるとお値段は高めですが、重さがステンレスの半分ほどなのに、薄くても強度があり、丈夫で錆びにくいです。

登山で何個もシェラカップを持っていくなら、「荷物を軽くできる」というのはメリットになります。

ステンレスに比べると熱伝導率が低いため、調理に時間がかかるというデメリットはありますが、熱が1点に集中せず、焦げにくいというメリットがあります。

とはいえ、お湯、スープのような焦げる心配がない料理であれば、早く沸かすことができるともいえます。

 

310mmはコップ向け

サイズにより用途、値段が異なりますが、コップ兼用に出来るシェラカップを紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク snow peak 食器 マグカップ チタン シェラカップ E-104
価格:2090円(税込、送料別) (2020/4/23時点)

楽天で購入

 

 

こちら(エバニュー)は持ち手が折りたたみ可能でよりコンパクトになります。

う~ん、買うならこの商品かしら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EVERNEW(エバニュー) チタンシェラカップ FD EBY152
価格:1731円(税込、送料別) (2020/4/23時点)

楽天で購入

 

 

ミニマルライフカテゴリの最新記事