【無印良品】2018年の手帳はシンプル化:マンスリーウィークリースケジュール

すでに11月上旬。

手帳を新しく買い換える時期ですな!

無印良品のスケジュール長帳は複数パターン出ているが、その中でシンプルな、黒色のポリプロビレンカバーをチョイス。

リングタイプだと、ページが全開に出来る。

税込み1200円。

スポンサーリンク

マンスリーページ

ここ数年『夢を叶える手帳』みたいな、手帳に予定以外のことを書き込む手帳が販売されている。

2017年まで、そういう手帳を買って、自己実現しようぜ!

みたいなののにハマッたw

けれど、もう達成!やるぜ~!!という鼻息が荒いのはもう十分ッス。

手帳には、ゆるく、自分で書きたいことを書き込んじゃおう!

無印良品の手帳には友引、仏滅などや、月の満ち欠けも書いてある。

左端にフリースペースがあるので「1ヶ月の目標」でもなんでも書きこんじゃおう。

ウィークリーページ

これまで、バーチカル手帳が大好きだった。

予定をいっぱいに書き込んで、行動しまくって、達成感を感じていたけど、そういう予定やら行動やら価値観を捨てることにした。

今の私にはウィークリーレフトが程よい。

左側

ウィークリーページは3パートに分かれているので、

スタンダードに朝、昼、夜の予定を書いてもいいし、

ダイエットや健康に気をつけているヒトは食べたご飯を書いたり、

嬉しいできごと、人に与えたこと、感謝できることををサラッと書いて日記のようにしても良いだろう。

用途を限定しない方が、自由度が高い。

右側

ウィークリーに下のは、フリースペースが多く取れるから。

私は、自分のやりたいこと/考えたアイデア/必要なことのメモを書き出すノートを持っているが、スケジュール帳と合体させたほうがモノが減るね。

手帳を使って、実現したいことへの着実な計画を記入してもいいし、妄想を書き込んでもいいし、可能性が詰まっている。

>>>Amazonでチェックする

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク