読まれやすいブログの書き方!2つのポイント

午前中日記は自分の記録ために書いている。

それでも極力、読者にとって有益な情報を発信する場でもありたい。

せっかくブログを書いたんだから、誰かに読んでほしいと思う方は是非この記事を読んでもらいたい。

スポンサーリンク

読書に読まれやすい文章のコツ2つ

この2つのポイントがあれば絶対読まれると言うわけではないけれどなければ読まれる事は無い。

理由、なぜなのか、を書く

読んでいてつまらない文章っていうのは中身がない。

つまり「なぜなのか」理由を説明するところに欠けている。

  • 科学的な根拠がある
  • 論文的な根拠がある
  • 〇〇の本から引用する
  • ××の映画を参考にする

など、理由の持ち出しところは様々だ。

だから何? 読者への提案を書く

コールトゥアクションと言い換えてもいいだろう。

その発信を読んで、読者にどうして欲しいのか、具体的な行動を提案しよう。

それがないと「それで、なんなのだ?」というツッコミをされる。

笑い転げるようなおもしろい文章を書ける方なら例外だが、オチのない不可解な文章は好まれない。

具体例

例えば「冬といったら鍋!料理だよね。美味しい〜〜」だと

「なんで冬といったら鍋料理なの? 」

「ふーん、美味しんだ、だから何?」

となる。

「冬は寒くて免疫力が低下して風邪をひきやすくなりますね。風邪の予防にもオススメなのは鍋料理! というのも、食べ物は血液を汚しドロドロにする酸性食品(糖質、たんぱく質、脂質が豊富な食材)と、血液を綺麗にしてサラサラにするアルカリ性食品(キノコ、海藻、野菜)とに分かれます。酸性食品に偏っていると、血液がドロドロになって、血液のめぐりが悪くなります。すると酸素を供給したり、老廃物を除去したりする働きが低下して、体が疲れやすくなり、ひいては風邪をひきやすなります。これを改善するためにはアルカリ性食品を豊富にたべればいいんですね。アルカリ性食品を手軽に食べられるのが鍋料理! そんなわけで、風邪をひかずに元気に冬を過ごしたい方は、ぜひ野菜やキノコたっぷりの鍋料理を食べてみてください
ちょっとした豆知識をお披露目するような文章になるから、いろんな知識を入れるのはこの理由を固めるためだ。

以上2点「なぜなのか」「だからなんなのか」を書くことで、読者にとって役に立ち、読まれやすい文章となるので上国を意識して文章書いてみてください。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク