【m】家族や同居人がモノを捨てなくて困ってますなんてお門違いである

私の実家は昔からモノが少ない。

私は一人暮らしだから、自分の持ち物をどれくらいにするか、私に決定権がある。

ミニマルライフや断捨離に目覚めた、という方のありがちなお悩みに、

「家族や同居人のモノが多いし、捨てないから困る」というモノがある。

さて、どうしようか?

 

スポンサーリンク

あなたと他人の必要最低限は異なる

モノを捨てる快感、選りすぐりのお気に入りのものだけを持つ喜び、この素晴らしさをみんな味わえばいいのに!

って断捨離のすばらしさに目覚めてしまったら、そりゃあ、思うかもしれない。

でも、あなたが極限までモノを持たずに居ることが素晴らしいと思っていても、あなたの家族や同居人が持っておいて心地よい量は、あなたとまったく一緒ではない。

あなたの同居人は、モノをたくさん所有していることに、困っていない。

このことを肝に銘じるのはあなた自身。

結局、他人はコントロールできない

家族/同居人がモノを捨てないから困っています。

子どもが学校の宿題をしないから困っています。

彼氏がプロポーズしてくれないから困っています。

主人が残業ばかりで早く帰宅しないから困っています。

片思いの人が振り向いてくれないから困っています。

などなど。

これら、ぜーんぶ、他人の話!

この本質は

他人が自分の思い通りに支配できないから困っています

という暴君の悩みw

私も2年位前まで、ヒトを見て、「あの人はもっとこうすればいいのに」「こうするべき!」と思っていた。

口には出さなかったけど、内心、イライラしてた。

このとき、他人はコントロールできるものだ、と勘違いしていたから

確かに、他人を自分の思うがままに出来ることにはできる。

それは、洗脳とか、暴力や恐怖で無理やりに、とか。

あるいはとても平和的な手段であれば、「あなたがただ、楽しく在る」。

そうすると、

「家族/同居人のことはほうっておいて、あなたが、あなたの部屋をきれいにして、気分がよいな~♪と過ごしていたら、何も強制していないのに、家族/同居人が勝手にモノを捨て始めた」

という影響の与え方は可能かもしれない。

どこで、誰と、暮らすかを選んでいるのは「あなた」

そう、すべては自己責任だ。

あなたの親や同居人がモノを捨てられないなら、そんな家からさっさと独立したらいい。

旦那/嫁がモノを捨てられず、よほど我慢ならないなら、さっさと離婚したらいい。

そんだけ。

家族や同居人がモノを捨てなくて困ってますなんてお門違いである

断捨離に限らないが、

  1. 他人をコントローしようとしない
  2. 自分に集中する
  3. 自分の人生は自己責任である

というシンプルな三本柱であなたの人生はイージーモードに出来る。

あなたは、あなたの部屋があるなら、そこでモノが少ない空間の心地よさを、ただ味わえばいい。

家族であれ、同居人であれ、「あなたがなぜ他人にとやかく言うのか?」について向き合おう。

そっちのほうがよっぽど大事である。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク