【m】ミニマルライフは場所も心も体も軽くする


モノを捨て、持つモノを最小限に絞込む行為を通して、自分の心をすっきりさせることは、自分自信を深く知ることに繋がる。

心がスッキリするというより、「軽くなる」のほうが合うかもね。

荷物を持てば持つほど、物理で気にも重くなるけど、とれにとらわれた心は重くなる。

スポンサーリンク

いらないのに捨てられない、そんなのもの手離すためには?

普段まったく使っていないのに捨てられないものといったらどんなものがあるか?

  • 人からのもらい物
  • 高価なモノ

高かったから、ブランド物だから、捨てるとくれたヒトに申し訳ないから。

そんなことを考えてはいまいか?

もったいなかろうが、未練があろうが、

これは必要がどうか? 使うかどうか?

モノは使ってこそ価値があるという目線で判断するといいが、モノを主体にして、持つかどうかを判断している。

一方、「好き」「ときめき」基準も使える。

つまり、自分を主体としたモノの選び方。

自分が好きでもないものに囲まれた場で生活するなんて、楽しくもないし、モノを見るだけでイライラしたっておかしくない。

そんな好きでもないものを手離せば、勝手に心が軽くなる。

心が軽くなれば、より快適な人生を歩んでいける。

そんな人生を実現するのが、ミニマルライフなんだ。

>>>Amazonでチェックする

>>>楽天ブックスでチェックする

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク