結果に左右されない自分作りをすると生き易くなる

結果に左右されない自分作りをすると生き易くなる

昔の私は

  • 結果を出したら素晴らしい
  • 結果を出せなかったら素晴らしくない

だと思っていた。

 

けれど、いつの間にか

  • 自分の望み(やりたい/やりたくない)を叶えてあげられたら素晴らしい
  • 叶えてあげられないと素晴らしくない

 

に変わっていた(※究極は叶えられなくても素晴らしさは変わらない!)

 

自分が何かをやるかやらないかはコントロールできるけど、その結果がどうなるかはコントロールできない。

 

だから結果のいかんを問わずきちんと自分の望みを叶えてあげられたか?」を軸にして評価すると結果に左右されない自分作りができます。

親子関係で見ると、子どもが親に

 

「○○したい〜!」とただをこねているとき、

 

「まだ早いのよ!」「そわなワガママ言わないの!」などと親から望みを否定され続けたらどうでしょうか?

 

いつかきっと

 

「お母さん、嫌い!」

 

と子どもは拗ねてしまうでしょう。

 

これは自分の中でも同様で、自分のやりたいことを制限したり、やりたくないことを我慢してやり続けたりすると自分が嫌いになる。

 

ここ数ヶ月の私は「やりたい/やりたくない」をちゃんと満たすようにしてきたが、今日はあえて、やりたくないことをやりました。

 

純粋なやりたくないことというより、おそらく私が逃げてること。

 

もう、

チャレンジ

苦行

修行

苦しくて仕方なくて、自分でやっておきながらワクワクしない…

 

たぶん、この選択肢はうまくいかない気がする…

 

うわぁ/(^o^)\

 

最初は、どんな結果になるだろうかと不安になってそわそわしていたけれど、途中から、

 

あ、結果がどうであれ、やる!と決めて行動しただけですごいじゃないか!

 

小さなことだけど自分のやりたいを叶えたじゃないか、と気づけたら、

 

もういいや~と不思議と落ち着いた。

 

だって、結果がどうなろうと、私の素晴らしさは一緒なんだ。

 

結果に左右されない自分作りは、評価基準を結果にせず、自分の行動に置くこと!

 

そうすれば、どんどんチャレンジできて行動力が増す。

 

今夜はそんなことに気付けたいい日だった。

こころの断捨離カテゴリの最新記事