画像リサイズを一括設定★Imasanityでワードプレスのサクサク投稿が実現

ブログを効率的に、かつ見やすくとうこうするために、画像リサイズは欠かせない。

スマートフォンやデジタルカメラで撮影した画像をそのままだとかなり巨大なサイズでアップロードされてしまいう。

また、画像サイトから取得した画像も、画像サイズが大きいものしか掲載されていないところもある。

わたしはこれまで、PCからの画像投稿は、ワードプレスにアップしてからメディアライブラリからリサイズしていた。

スマートフォンで撮影した写真をブログにアップロードする際はアプリで画像リサイズをして投稿していた(通信費の節約にもなるよね)

しかし、これらの作業を毎回してたら大変!

ということで、ワードプレスをお使いの方はプラグイン「Imsanity」を使えばそんな面倒くさいことする必要がなくなり、サクサク投稿が実現できる!

この記事では、「Imsanity」設定方法・使い方を解説するよ。

スポンサーリンク

Imsanityの設定方法と使い方

1.インストール&有効化

管理画面より「Imsanity」で検索して「インストール」⇒有効化⇒「設定」とクリックしよう。

こちらの画面へ移動する。

以前は英語版しかなかったが、2017年には日本語表記になっている。

ありがたい!

設定

管理画面から移動するなら「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」⇒「Imsanityの設定」をクリックして設定画面に移動するよ。

Imsanityは指定した最大値より大きい画像のサイズを自動的に小さくしてくれるので、デジカメやスマホの画像もそのままアップロードすることができちゃう!
 
元画像に変更を加えずに済むからサクサク投稿できて便利。
WordPress(サーバー)上にはリサイズされた画像だけが保存されるので、元画像を保存しておきたければ、パソコン上かスマートフォンに保存しておきましょう。

固定ページ/投稿でアップロードされた画像

スマートフォン経由で画像をアップする方はコチラで数字を設定しよう。

メディアライブラリへ直接アップロードされた画像

PC経由でメディアライブラリから画像を投稿する方はコチラの数字を設定しよう。

3.最大画像サイズを指定

画像サイズはサイトの表示速度に影響する

なぜ画像をリサイズする必要があるのか?

ページを高速で表示ないと、イライラするよね?

それだけで離脱する人が増えちゃって、読まれないサイト化してしまう。

そういう状態だと、Google先生からの評価が下がっちゃうんだ。

デメリット (小さくしすぎると)細かいところが読みづらくなるなどありますね

元の画像はそのまま保存・使用することができます。
 
注意 オリジナルの高解像度の画像が必要なサイトでは使用しないでください。 WordPress上にはフルサイズの画像は保存されないので、元画像は自分で保存しましょう。

それでは、Imsanityで、サクサク投稿の良きブログライフを!


関連記事とスポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク