水回りをきれいに掃除して開運しよう

水周り(トイレ・バス・洗面)の掃除で開運しましょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

スポンサーリンク

パイプの詰まりが「豊かさ」を詰まらせる

トイレ掃除と金運との関係はよく取り上げられる。すごい片づけではトイレ・バス・洗面を「水周り」としてまとめている。ちなみにキッチンは「水周り」と用途・目的が異なるので別扱いとしている。

「トイレ・バス・洗面」を象徴する数字・意味・役割

象徴する数字は「8」。これは無限大のマーク(∞)と同じ意味。ふたつの丸はそれぞれ、目に見えない世界と目に見える世界とをあらわし、それをつなぐことで無限のエネルギーが生まれ、永遠に循環することを意味すると考えられます。漢数字の「八」は末広がりの縁起の良い数字とされますが、無限大に通じる「8」は「豊かさ」の象徴であり、「繁栄、栄光、拡大するエネルギー」などを意味するパワフルな数字です。

体にたまった汚れを落とし、排出する

水周り(トイレ・バス・洗面)は、神社で言えば「手水舎(ちょうずや)」に当たる。本来は海や川で禊をして心身についている罪・穢れを落としてから、神社に参拝するのが本来のやり方ですが、手水舎はこれを簡略化したものです。

「疲れ」は「憑かれ」

水周りは、外で活動してついてしまった「疲れ、疲れ、罪、穢れ」を洗い流し、排出するための場所が水周りなのである。なので、そこが汚れたり詰まったりしていると、ネガティブなエネルギーが家の中にたまり、ゆっくり休むこともできなくなるし、ポジティブなエネルギーが循環しなくなる。

自分の一部だった汚いものを否定しては、豊かにも幸せにもなれない

いやな自分、汚い自分と向き合うって言うことの象徴なんだね。うーん、奥が深い。

トイレ掃除をすると、新しいアイデアが閃いたり、臨時収入に恵まれたり、新たな仕事が舞い込んだりして、豊かになると言われていますが、これは自分の醜い(=見にくい・見たくない)部分を受け入れることに繋がるため。トイレ掃除のような下座の仕事を自ら進んですることで、ネガティブな自分を否定することがなくなり、あるがままの自分を認めて、謙虚になれるから。そういう謙虚で自然体の人に福の神がツイてくださり、応援してくれることになるのです。

自分の醜い部分を受け入れ、謙虚で、自然体になれたらトイレ掃除にこだわる必要もないだろうけど、メンタルからのアプローチでうまくいかない人は、とりあえず体を動かすトイレ掃除をしてみなさいってことでしょうかね。

「トイレ・バス・洗面」の整え方

  • トイレは使うたびに便器やその周辺を拭く
  • トイレの蓋を閉める
  • トイレもバスルームも、置物や造花、人工的な香りは×  シンプルイズベスト
  • 洗面所は鏡の前に物を置かない
  • 排水溝の詰まり×  身体・お金の不調・停滞に繋がる

我が家で一番片付いているのは水回り

まず、メイク落とし(貰い物)、ボディソープ(貰い物)、歯ブラシと歯ブラシスタンド、石鹸がある。メイク落としとボディソープは石鹸に集約できる。使い切ったらなくなるよ。

タオルをかけるところには、洗濯板と泡で汚れを落とすバスタブ用の洗剤を引っ掛けている。全体的にピンクが多いね。

ちなみにバスタブ用洗剤でトイレを掃除することもある。裏書の成分見ると、実は一緒なんだよねぇ。トレイ用だとか、バス用だとかいちいち持っているのは、企業の罠ですよ。

ユニットバスは掃除に有利

賃貸物件を選ぶにあたり、バス・トイレ別というのはポイントになるが、私はこだわらない。

むしろ、1カ所にバス・トイレ・洗面所が集まっているのは掃除という目線では大変便利だ。

なんたって、究極的にはシャワーで全部流したら良い んだからね!

あら便利!

ということで、今日は以上でーす。

お金に愛される! 願いがかなう! 開運掃除術

新品価格
¥1,058から
(2017/8/22 18:25時点)


関連記事とスポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク