やっぱりモノがないほうがスッキリして気持ちいい

今回は、ここ数日で捨てたものと、捨て候補のモノのお話。

スポンサーリンク

いつの間にか増えるもの:本と服

良書だと思うと捨てられないし、積読本とか、途中で読んで放置した本とか、捨てられない。

というか、積読本って、買った時点でお役目を終えている(面白そう!とワクワクした気分、とか)から、読まないなら捨てる

せめて、ぱらぱらとページを読み、深く読みたいところは破ってとっておく

それすらも真剣に読まなかったりw


こちらはUNIQLOで購入した桜色みたいなワンピース。

無地でお嬢様っぽくてポケットもついて、となかなか使い勝手が良くて気に入っていたけど、着てみると首がちょっとつまって苦しかったし、服が体型に(とくに肩)フィットさて無かったことに気づき、捨てることに。

掛け布団を捨てる


羽毛の、何年も前から使っている布団で、ちょっとぺらぺらになっているような感じがしても、使えた。

が、うっかり、破損してしまったので(賭け布団だけでなく、ここ3週間ほど、メガネやかさなど様々なものが壊れた)これを機会に買い換えることに。

今月下旬に粗大ゴミ回収センターの方が回収に来る。

冷蔵庫を人に譲る


137リットルの冷蔵庫。

今の住まいに引越しするときに勝ったものだが、冷凍庫をほとんど活用しないので、冷蔵庫だけでもなんとかなりそう。

小さいものに買い換えようかしら?(さすがに真夏に冷蔵庫なしはチャレンジしがたい)

と思っていたら、SNS上で家電を譲って欲しいと呼びかけいている方がいたので、声を掛けて譲ることに。

こちらも今月下旬以降に手放すことに。

本来なら発生していた回収費用がうくのでラッキー!

定期的にモノを捨てよう

本とか服とか捨てるのはあるあるだけど、掛け布団や冷蔵庫といった大物捨ては珍しいので、ちょっとした転換期に相応しいだろう。

今回、あらためて、モノを整理すると、心地よさや、なんとなく頭がスッキリとした感覚がある。

まだまだ捨てる余地があるので、がんばろうっと。

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

新品価格
¥1,620から
(2017/8/10 21:44時点)


関連記事とスポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク