「仕事を辞めるのが怖い」は辞める前。辞めたら案外平気なもの。

7月末の記事(数日前)でお仕事を断捨離~!

【m】仕事もついに断捨離だ!
今月末で、これまで10年近く携わってきた業界を去ることにした(^∀^) 同業他社へ転職するのもアリだけど、心機一転、別の職業をやってみ...

と書いた。

もともと、2017年から雇われ(メイン)+個人の仕事(副業)と言うダブルワーク形式だったので、メインの収入が断たれると、たいへん心もとない状況である。

とりあえず、つなぎの仕事を見つけないといけない。

スポンサーリンク

「流れに乗る」ってこういことか?

私は元々、独立に向けて、もともと勤務していたとことろ、常勤から週4勤務へと勇気を出して換えた。

そのとき、超ビビッていた。

今の立場を手放すっていうのが不安で不安で仕方がなかった。

でも、その安定を手離して自分の仕事も始めて、自力で少しずつ稼ぐようになった。

決して安定しているとはいえないのだけど、

マーケティング、セールス、ウェブコピーラーティング、お客さんの心のつかみ方など、ひとおりの「やり方」を必死に勉強したし、ぬるま湯につかっているときよりも「必死さ」が段違いだ。

必死にならず、楽しんでやれ~とか言わないでw

個人の仕事が安定してきたら、すこしずつメインの収入減を減らしていこう、と予定していたが、それで本当に大丈夫だろうか・・・と不安だった。

今回、組織での仕事を減らしていくにあたり、雇用する側も「バリバリ働いてくれないなら、遠慮してもらいたい」って雰囲気をかもしていたので、その流れに飛び乗っちゃえ!

という、もうノリで退職☆だよね。

いちおう、真面目に生きてきたつもりだったし、モノゴトは計画的にやるべき派だったので、「退職理由はノリ」という前代未聞のことをやらかしてみたが、やってみたら、新たな視点が手に入ったよね。

仕事を辞める前より、辞めた方が不安がない

で、仕事を減らしていって、生計をきちんと立てられるだろうか?という不安を感じながら、びびりながら過ごしていた。

で、急ながらメインの収入源を手離してみると、半端な状態よりも、いっそ突き抜けてしまった結果なのか、落ち着いている。

まあ、ジタバタしても覆水盆に返らずだし、腹をくくっちゃうのもあるかもしれない。

貯金があるから1ヶ月くらいならのんびりしても大丈夫・・・な安心感があるんだけどね。

バンジージャンプと一緒で、跳ぶ前が一番怖くて、跳んでしまえばたいしたことがない。

ダブルワークでいいじゃない

今回、業界そのものを去ることにしたので、まるっきり違う仕事でイチから出直して、副業でもとの仕事楽しみながら継続する形にしよう。

  • 好きなことで稼ぐ
  • 稼いで好きなことをする

の二本立てにすればいいしね。

これからも政府は公務員にすら副業を解禁していくね。

だって、また職を探して働き始めたらいいんだもの。

そのまま企業に雇用されていたとしても企業がつぶれることだってあるのだから

「安定を求めるのではなく、不安定に強くなった方が安定する」と思っているよ。

まとめ

  • ときには無計画なノリでいく
  • 怖いのは辞めてからより辞める前
  • 不安定に強くなる

ダーリンは無職、でも猫が好き (Vコミ)

新品価格
¥1,512から
(2017/8/4 17:18時点)

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク