人生をヌルゲーにしたくば親と仲良くできる人は仲良くしとけ

ビジネスでも、人生の最高でも、親と仲良しでいること、仲違いしていても和解することが心理学的には重要だ。

自分が成長して、視点が変わってり視野が広がったりしてくると改めて親の凄さが理解できるようになってきた。

帰省して親と会話すると、私からすると母が凄くて尊敬!

気づき、得ることが大きい。

スポンサーリンク

未熟だった自分が成長してきたんだな!

  • リーダーシップ
  • 思いやり
  • 受け入れる力
  • 稼ぐ力
  • パートナーシップ
  • 家事スキル
  • マインド

などなど比較してしまうと、

母に叶わなくて(´*ω*`)ショボーン

ってするよね。
至らぬ娘ですまぬ( ̄▽ ̄;)

と私は勝手に反省した。

母は

人にはいいところも悪いところもあるんだから、悪いところばかり見て怒ってても仕方が無い。

そこを注意してみんなが変わって同じになるくらいなら人間關係トラブルは起きない。

そういう人なんだなと受け入れていいところも見たら良いんだよ。

と懐が深い人。

だいたいそれが出来なくて相手に変わってほしいとかイライラするんだよね(笑)

60年以上生きてる人だから、自然と世渡りとか成功法則とか経験的に身にしみているはずだけど、今まさにそういう考え方が許せるようになってきたので

当たり前にやってる母が尊敬である(若い頃はきっとジャッジがあっただろうな)

そんでもって、至らぬ(ように自己判断する)私に対して

偉いね、すごいね、お母さん安心だわ

と言葉をかけてくれる。

もともと、私は母に愛されてると、思っていたけど、私が思ってる以上に母は私のことを愛しているのだと半年前に気づいた。

今回の気づきは

母は私のことをこんなにも愛して認めて受け入れてくれているのに

肝心の私が自己愛とか自己肯定がなってないというオチ(笑)

昔はね、好きな男の人に認められたいとかなんとかかんとかあったけど

何処の馬の骨ともわからかい殿方の半端な愛情なんか木っ端微塵に消し飛ぶほど母の愛は強いですね

私は家族を大切にします。

ということで、パパさんはお子さんに父の愛をアピールしてください!

でなくば霞みますよ!!

人生ヌルゲーにするには自分を認めること

結果を出さなくても、

すごい人じゃなくても、

何にもできなくても、

今のままの自分でOK!

とハードルをとことん下げる。

失敗しても別にええやん、怖くないし、恥ずかしくないし、そんな自分でもぜーんぜん、価値は変わらないし!

と自分のことを思てると、どんどん挑戦できる。

挑戦と失敗は表裏。

失敗が、怖くなければ挑戦できる。

どんどんやっちゃうから、ラクショーで人生変わっていく。

わたしの場合、自分で自分でなんとか、なんの価値も提供しない自分でもOKだし、失敗してもまあ、いっか!

くらいのメンタルに持っていくため、コツコツ自分得向き合ってきたけど、

家族や親から、条件なしの愛を与えてもらってるんだという絶対的安心感があれば、

万が一失敗しても、実家に引っ込めばいいかーあはははは( ^ω^ )

というマインドになるから、とりあえず挑戦できるよ。

自分で自分をどう思うのかを整えるだけでなく、親子関係をクリーンにしておくと、より一層加速していくんだな、という、実感。

親じゃなければならないというわけでもないだろうがら手っ取り早いのは親だね。

親に受け入れてもらえている、帰る場所がある、という【ベースの安心感】があれば、【安心が拡大していく】んだよね。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク