あなたがいつまでも断捨離が捗らない理由

本を読んだりブログを読んだりして

よし、断捨離しよう!とモチベーションが高まって、いざ行動という段階でなかなか断捨離が捗らない・・・

やっぱり物が捨てられなくて、また部屋に溜め込んじゃった~

というタイプの人に共通してること。

それは、

断捨離とか、片づけを初めて「もうこれは要らない」と決めた物を

捨てないで売ろうとすること

売ること自体は悪いことではないし、なんら問題もない。

まだ、綺麗だから誰かが使える。

そんなものを捨てるなんてもったいない!

とか、

売ったらお金になるから

という思いもあるよね。

ちなみに売ってお金を手に入れるとそれ以上のすばらしさを手に入れることが出来ない

空白ができたら、そこを埋めるように何かがやってくるのだ。

【m】空白の法則 を知って「捨てスイッチ」ON!
ネットで見つけてたまたま知ることとなったのだが、ボブ・プロクターの『You were Born Rich』という本の最終章に「空白の法則」と...

さらに、もし、売ってお金になったほうが得だから

という考えを通り越して、

「損したくない!」という考え方であれば

損したくないという執着しているというか、重い思考を先に断捨離してしまったほうがいい。

私はいちいち売るのは面倒くさい⇒だから捨てる

という感じだった。

それをやっても、コツコツ少しずつモノを捨てていったので、なんだかんだで2年近くかかった。

・・・のに、「売ろう」としたら、どんだけ時間がかかるのだろうかw

あなたがもし、やる気を出して断捨離しようとしたもののなかなか捗らなかったとき、売ろうとしていたり得したい、損したくないとか考えていないだろうか?

そんなことごちゃごちゃ考えていないで、さっさと行動して、スッキリした部屋と軽やかな未来を手に入れたらいいんだ。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク