【m】モノを減らすと雑念が減る

【m】人間の思考は雑念だらけ。思考も捨てる
ミニマリストを追及する過程で、 モノは何を買うか・何を捨てるか、 その結果行動をどう変えるか・どう変わるか、 よく考えている。...

を書いたのが2014年。

一説によると、ヒトの思考の回数は1日に5〜6万回で、”毎日同じような内容で“雑念と表現する程度のものらしいが

2014年のころ、振り返るとは私は雑念が多かったし、モノに起因するものだったと言える。

その証拠に、モノを捨てると、スッキリ感とか爽快感とかがあって、頭が冴えるような感覚だった。

スポンサーリンク

雑念を減らす簡単な方法

雑念を減らす簡単な方法は「モノを減らすこと」

モノがたくさんあると、

片付けなきゃ

掃除しなきゃ

修理しなきゃ

買い足さなきゃ

クリーニングに出さなきゃ

とか

とにかく「しなきゃ」モードが多かった。

ごくくだらないことだよね?

まとめ▼

雑念の発生源は「モノ」である。

雑念を捨てたらどうなる?

「モノ」がなくなると「○○しなきゃ」という謎の焦りから開放されるので、

ネイルのお手入れとか、ストレッチとか、私にとって面倒に当たる体のケアに時間を割く余裕が生まれるし、掃除するのもあっという間なので、掃除ししなきゃと思うほどでもない。

物が減ると雑念(~しなきゃ)が減る

心に余裕ができて、めんどくさがっていたケアができるようになる

カラダがラクになる

ネイルを綺麗にしてるので気分がよくなる

まとめ▼

雑念を減らすと心も体もラクになる

モノを減らすのって素敵ですね

私の経験上、モノを減らすことで自分をより良い方向に向かわせる時間や心の余裕が出てくるといえる。

逆に言うと、モノの管理で思考を費やしていると、クリエイティブな発想のためのエネルギーが減っていくということ。

あなたの人生の質を高めるために、時間術とか手帳術とかTO DOリストとか作成しても良いけど、ものすごく単純にモノを減らしてみたらいい。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク