引き寄せの法則は理想の住まい探しと一緒

引き寄せの法則というか、RASっていう脳のフィルターを通す方法って理想の家探しと一緒だと思う。

たとえば、あなたが引越しを使用と考えていて、物件探しのとき、何を考える?

エリア、間取り、家賃、駅までの距離、周辺環境etc.

はコレ!と決めるよね。

細かいところをあげれば、

都市ガス、プロパンガス

フローリング、和室

クローゼットの広さは?

などなどあるよね。

で、そこから、妥協できる部分とできない部分とを決める。

で、不動産の方に希望をお伝えすると「こんなのどうですか」って探して何件か物件を見せてくれて、

あ、それだわ!

ってなる。

住まい探しをするときに新生活に向けてワクワクする気持ちがあったら尚いいよね。

ちなみに、私の今の住まいは、不動産屋さんに行ったとき、担当の方と話をしてたら
担当者とは別の方がすれちがって、

「あ、昨日空きが出たばかりの物件がありますよ」

と声をかけてもらって、最終的にそこに決めたんです。

で、引越し先で一番最初に寝て、起きた時って「違和感」って感じない?

でも、不思議なことに今の住まいは長く住んでいたかのようなフィットした感覚だった。

こんな感じで、引き寄せの法則は、こちらから条件を明確にオーダーしないと、あなたの脳は、探せるものも探せないのですよ。

あなたが本当に望んでいるものを書き出して、目に付くところに張り出しておけって言うのはRASという脳のフィルターを通過させるんだね。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク