思考をアウトプットして、客観視すると人生がもっと楽になる!

私の最近のちょっと気になるコトが、「早口で大声で話す女性がうるさくてイライラする」というもの。

じつにくだらないことだとわかっているが、甲高い声でそれをやられると辟易してしまう。

「早口・大声・甲高い声で話されるとイライラする」か?

「男性」で「早口・大声」で話す方とは最近は会っていないが、これを克服しない限り、この世の中、こんな喋り方の人はごまんといる。

明確なストレスというほどでもないが、これが積もり積もって最終的に爆発する火種にならないよう、対処してみようと思う。

スポンサーリンク

モノゴトには肯定的側面と否定的側面の両方がある

いろんな質問を自分んでして、それに答えることで、第三者目線(できればもっと高い場所に居る人の目線)で物事を捉え直し、肯定的側面で見るようトレーニングしてみる

今回のテーマは「早口・大声(・甲高い声)で話されるとイライラする」です。

以降、自分で考えた質問だけど、アウトプットしてみたら結構良かったのでブログでも書いてみます。

何故? 過去に嫌な経験があった?

不明。過去にこのようなタイプの人に嫌がらせにあったなど、ぱっと思いつかない。

「静かにするべきと思っている場所で大声で話してはいけない」という固定観念に反するとイライラするが、はしゃいでもいい場面でもうるさく感じでイライラする。

「早口で大声で話す人」から連想されるのは「怒る人だろうか?」 子供の頃は何かしら親に怒鳴られた経験があり、怖いと感じたのは確かだ。深層心理的な切り口からこじつけると、幼少期に親に怒鳴られたトラウマを呼び起こすとか?

実は自分が望んでいる結果を手に入れていて、妬んでいる?

全くもって羨ましくない。こうありたいと思わない。

実は自分が同じことを他人にやっていないか?

自己分析では話す速度は普通からやや早め&声の大きさは普通から大きめだと思っていて「小声でゆっくり話す」イメージはない → 自分にも同様に「早口で大声で話す」素質は持っている。

仕事中にクライアントと会話をしていて、笑い声が大きくなることがあり「周りにうるさいと迷惑をかけていないかな」と懸念がたまにある。けど笑っちゃう///

結論、イライラするほど「問題」か?

NO

たいした問題じゃないので、早々に自分がこの手の人を受け入れるように変わるべきである。

「早口・大声で話す」ことの肯定的側面は?

「大声」

  • 声が大きいと元気が良いとも解釈できる
  • 相手によく聞こえる

「早口」

  • 同じ時間にたくさんの情報を伝えられる
  • 速超効果? → 実際に自分も速聴で読書(読?)のお世話になっております
  • スピード感があっていいよね

ここから何を学ぶ?

会話の時の声の大きさ・早さは「相手テンポに合わせる」ように調節することで、相手に心地よく感じてもらえるかもしれない。

声が小さい人に対して、こちらも小声にするコントロールは出来るが、スローペースで会話する人のスピードには意識的に合わせづらいとわかっているので、相手からすれば、自分は「早口で話す人だ」と思っていることだろう。

他者との円滑なコミュニケーションスキルが磨かれるチャンス!

IMG_7637-0

アウトプットしたことを客観的に見つめて、モノゴトの肯定的側面を見つける

嫌な人が現れたら、それはあなたが進化・変化・成長するチャンス。

なぜ相手にイライラするのか、という主だった理由は、

  • 過去の経験から培われた「こうあるべき」というマイルールに反している?
  • 自分が望んでいる結果を相手が先に手に入れていて嫉妬している?
  • 実は自分も相手と同じではないか(カルマの法則など、自分が過去にやらかしたことが巡ってきている)?

こんな感じなのがコーチングで鉄板の質問だろう。

  • 肯定的側面は?
  • そこから何を学ぶ?

どんなことでも、そこから肯定気側面を見つけて何かを学ぼうとする姿勢があれば、失敗も挫折もで問題も、実はこの世には在しないのだ。

  • この世には「問題」は存在せず、「問題視する私」が存在するだけ
  • 「大問題」なのではなく「あなたの問題解決能力が劣っている証拠」

「100%自分原因説」って話だね!

つまり

  • 自分も相手に対して同じことを思われている可能性があるので改善できるならするともっと魅力的になれるよ★
  • 仕事中に思い切って笑ったっていいじゃない★
  • たいした問題じゃないのに、私の器が小さくてイライラしているんだろうなあ

と分析。

きっと、最後に「気づかせていただいて、ありがとうございます」って言えると100点に近づく

イライラする人は、自分を成長させてくれるありがたい存在なのだ。

ありがたや〜。

という感じで、自分で書いてみて良かったな!と思いましたとさ。