【m】「条件付の幸福」を捨てる

例えば、

お金があったら幸せ

結婚したら幸せ

子どもが生まれたら幸せ

高級な時計を買ったら幸せ

とかいう「条件ありきの幸福」ってハマりがちじゃない?

「条件」を言い換えると「外側」「付属品」なんだよね。

スポンサーリンク

幸せは内側にあるもの

例えば

わたしの幸せの定義は「のんびり、ぼんやり、リラックス」すること。

これらの勘定を感じやすい「公園」にできるだけ毎朝行って、良い気分になるのが習慣だ。

ぼや~っとしながら、ぼんやりできる平和な時間、豊かな時間を味わっている。

あ~幸せだな~(^∀^*)

って、幸せを感じている。

感謝しようとか、ニコニコしようとか意識していないけど

あぁ~ありがてぇ~(○︎´v`○︎)

って、勝手に感謝が生まれて味わってほのぼのしている。

ほんと、なんもしてない。

何も無い。

ただそこにいて、のんびり、ぼんやりする時間を堪能しているだけで、

じわ~っと幸せを感じている。

わたしゃ、日光浴しているおばあちゃんかw

一方的に酸素を吸って二酸化炭素を吐き出すばかりだけど、光合成ができたら画期的だよね~。

公園だったら、木漏れ日とか「ゆらぎ」があるので、これは癒されるね。

きっと、ゆる~っとした雰囲気の女性が居たらさ、

「あなたに癒される!」とか「スキ♡」って言うヒトが集まってくるって思わない?

勝手に魅力が溢れちゃうわけよ(妄想)!

まずは、自分が自分を満たしてあげよう。

ただそれだけ。

ノートとペンを使って書き出そう

あなたは、何をしてるときが幸せだろうか?

これって案外、判っていない人っているよね。

かくいう私もよくわかっていませんでしたw

テレビを消し、不マートフォンを触らず、ファッション雑誌を読まず、自分が日常生活で感じるささやかな幸せを思い出そう。

あなたは何が好きですか?

何に癒されますか?

あなたは何をしていると満たされますか?

どんなきにあなたはゴキゲンになりますか?

あなたが考えているより、もっと、も~っと単純だよ。

大切な自分の為に、自分のことをちゃんと把握してあげましょうね。