【アクセスの集まる記事の作り方】グーグル検索を使って決める方法

せっかく書いたブログ記事。

できるだけ沢山の人に見てもらいたいよね。

では、どうしたらアクセスが集まる記事が書けるだろうか?

【オンラインコンサル】アクセスの集まる記事の書き方はほんとのビギナーさんにはとても参考になる記事。

こちらの記事に書かれていることを理解している方、という前提でこの記事を書いていくから、リンク記事を読んだら戻ってきてね〜(´∀`=)

最近はタイトルは適当〜につけていたけど、みんなが読みたくなるタイトルのつけ方しとこー、と思い直しタイトルを書き直しているところ。

今回はグーグル検索を使った簡単な記事タイトルのつけ方にて紹介するよ。

スポンサーリンク

みんなは何を探しているだろうか?

記事の読者の気持ちになることが大事なので、まずは他人の記事を見るとき、あなたがどんな記事を読みたいか?が大事だ。

では、あなたはなぜそのタイトルに惹かれただろうか?

それには理由がある。

それ探るために、まず自分でなんか適当に検索してみよう。

グーグルのサジェスチョン機能を使う

ウェブサイトやブログできてもらいたいけど、みんな何かのワードを検索しているよね。

スマートフォンで言うところの予測変換みたいなモンで、みんなが実際にこのワードで検索することが多いというのをグーグル先生が提示(サジェスチョン)してくれる。

例えば「こころがラクになる」でグーグルの検索窓に打ち込む

kokoro1

「こころがラクになる」じゃなくて「心が楽になる」という漢字のほうが多く出るな~とか

「本・曲・英語・話・言い方」という言葉がくっつくね、というのがわかる。

それぞれの単語で検索をかけてみよう。

「こころがラクになる+スペース」でサジェスチョンを見る

kokoro2

赤線の部分にスペースキーを打ってます。

2つ以上の単語で検索をしているヒトがどんなワードで探しているか?がスペースを入れることで浮き彫りになる。

「心が楽になる 後ろ向き 名言 100選」なら4語、「心がラクになる 超訳 賢者の言葉」なら3語だね。

「こころがラクになる」で実際に検索するkokoro3

記事を読んでみて先人の良いところを学ぼう

トップページの上位に出てくるのはみんなが見ている記事になる。

Naver記事は上位表示の常連さんなのでタイトルは参考になる。

サジェスチョンで出て来なかったワードも意識してみる

サジェスチョンで出てくるからにはみんなが探しているワード。

だからこそ、そこを見て記事タイトルを考えるなんて先駆者ブロガーさんはみんなやってる可能性が高い。

もしかしたらすでにサイトが沢山あって、競合しなくてはいけないかもしれない。

「エピソード」「暗示」も「こころがラクになる○○」のニッチワードとして気にしておくべき。

「心が楽になる名言」「心が楽になるエピソード集」というタイトルでNaverと勝負したら、勝ち目がないだろうが、もしかしたら二番手、三番手につけてついでに読んでもらえるかもしれない。

心屋仁之介など著名人の名前が出てきた

たまたま著作タイトルとかぶっていたので心屋さんの本が出てきた。

このように本のタイトルを参考にして記事のタイトルを決めるというのもアリだし、

「心屋さんのファンが記事を読んでくれる可能性が高そうだな」などとファンが記事を読むかもしれない

タイトルそのものだけでなく、タイトルの下に表示される小さめの文字も重要

タイトルだけでなく、その下に表示される導入分も記事を読むかどうかを決定する大きな要因となる。

悩んでる、落ち込んでる、元気を出したい、眠れない、やる気が出ない

なんてワードを見て、

「こころがラクになる○○」を探しているヒトとはそもそもどんな状態だろうか?・・・そうですね、うつ状態ですね!(タイトルにもあるけど)

みたいなのも推測できるよね。

「動画」もクリックしてみる

kokoro5

You Tubeも検索に引っかかる重要なところだ。

ここで見ると「斉藤一人」「3秒で」「病んだ心が楽になる」「一瞬で」というワードが出てくる。

Norton Safe Serchで同じワードで検索してみると

kokoro4

ほかの検索エンジンで探してみるとこちらも「関連検索」として表示されるが

「恋人への嫉妬心を抑える方法まとめ」「老子のことば」「イライラをコントロールする」「論語」「職場での人間関係を良好にする」「本田健」「読むだけで」「22の言葉」「禅」とまたひとあじ違ったワードが提示される。

※Norton Safe Searchは検索窓でのサジェスチョンは出てこない。

たくさん見ているうちによく見かけるワードとしては

「まとめ」

「○○するだけ、簡単」

「3(具体的的数字)」

「すぐに、今日から、一瞬で」

などが好まれる傾向になる。
こういうので、いろいろ見た結果

3秒で心が楽になる方法まとめ

という記事があったら、どう?

読みたい?