【m】無印良品のトレンチコートを買ったら毎日着てる。ミニマリストの鉄板アウターで間違いない

いつもいつも迷うんだ。

春とか秋とか、温度が美妙な季節のアウター。

トレンチコートを買うべきか買わざるべきか。

服を着込んで乗り切ってたんだけど、今年は観念してトレンチコートを買ったら便利すぎて毎日着てる。

もっと早くに買っておけばよかった!

購入したのは2016年の無印良品のトレンチコート(定価15,000円)

トレンチコートを初めて着てみて感じた良さについて書いていこう。

スポンサーリンク

膝丈が便利

これまで、春秋は腰丈のアウターばかりだったんだけど、それを着るとスカートだと脚が寒いんだよね。

膝丈トレンチだと膝下は出てしまうものの、太ももまでカバーで切ればそれなりに温かいので、ズボンのときでもスカートのときでも着られるアウターとして、出番が多くなる。

ライナーがあるので暑さの調節ができる

ボタンで着脱できる薄っぺらいダウンベストみたいなのがトレンチコートの内側についていて、その薄さに「大丈夫なんかな…」と不安だったけど、

これがあると、春・秋・冬の3シーズンが着られるんだね。

胸元の開け閉めの調節ができる

寒くなってくると首を保護できるハイネックは嬉しいよね。

個人的にこの調節ができるのはアツい。

撥水加工

すべてのトレンチコートがそうなっているわけではなく、無印良品のトレンチコートが撥水加工になっている。

ちょっとした雨の日でも平気なので、雨の日だとこのアウターは着られないな…と心配する必要がない。

ベーシックデザインなので流行がないし毎日来ていても不自然じゃない。

美妙にシルエットだとか丈感だとか毎年変わるけど、流行がないので毎年着られる。

グレーパーカー、カーキのパンツ、トレンチコート。

絶対に外さない鉄板コーデなので、便利すぎる。

お洒落!を追求すると

あのアウター!

翌日はこのアウター!

となるが、日本の社会人には鉄板アウターなので毎日着ていてもおかしくない。

出勤できるし、普段着でも使えるし、便利やないか。

トレンチコートを買ったらアウターを何にするか迷わない

冒頭でも書いたが、買ってから毎日トレンチコートだ。

ミニマリストの鉄板アウターとして、トレンチコートは外せない。

そう強く感じた。

今までなんで何年間もトレンチコートを買わなかったんだろうか。

これがガチ推しとしかいいようがない。

真冬はインナーに薄手のダウンを着るだろうけど、コレで3シーズン乗り切れると、アウターを減らせるのは間違いない。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク