2015年の新しい手帳を今日から使う!

月読寺(神奈川県鎌倉市)と正現寺(山口県山口市)の住職、小池龍之介さんプロデュースの

『1日を大切にする 気づきの手帳』

を2015年の手帳として選んだ。

1日1ページ形式の手帳にしたら、スケジュールだけでなくメモ代わりにしたり、落書きしたりマインドマップを書いたり、家計簿を書いたり、とにかくなんでも書き込めるだろう。

こちらの手帳の特徴として、怒りとか欲望とかについてメモする欄が設けられている。

2014年はストレスが多い年であったため、この手帳を活用することでこれからは少しでも心穏やかに過ごせるよう、期待を込めて買ってみた。

そして、この手帳の表紙にはいい言葉が書かれている。

「今」に没頭する。

未来の期待や心配は忘れておく。

過去の失敗や悔いは捨てておく。

モノを捨てていく上でも共通する心構えだろう。

「今」に没頭するため、1日1ページの手帳なんだとか。

ただ、2014年のうちはまだバーチカルタイプの手帳と似た構成になっているので、本当の1日位ページ手帳になるのは来年のお楽しみなのであった。