黄色いレンズが入った丸メガネ型サングラスの使い勝手が案外良かった件【買ったモノ】

サングラスっていったら、その色は焦げ茶〜黒がスタンダードだろうけ。黄色いレンズが入った丸いサングラスを買ったら、案外良かったので、今回は、その良さについて語りたいと思う(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

丸メガネのレトロな感じが可愛い

まずはその形について。

大抵、下のような大きなサングラスをつけている女性達を見かける。大人っぽい雰囲気の女性がモデルになっている通り、ラグジュアリーな感じとか芸能人っぽい感じとか出るよね。

私も同様のものを持っているが、似合わないんだよね…。

一方、(私が黒い帽子と合わせるとなんだか又吉感が漂うが)可愛い系統でファッションに合わせたい方には丸メガネがぴったり。

ちなみに、このタイプの伊達メガネを付けているのは20代の女性ばかりなので、つ30代の方でもつけてみると若見えするかもしれない。

伊達眼鏡 兼 サングラス

黄色いサングラスはほとんど見かけない。

照明が赤みを帯びている室内や暗い場所では黄色いレンズでも無色に見える。伊達眼鏡ですって感じも楽しめつつ、さすがに外でつければ色が付いていることがわかる。

紫外線カットレンズなので、ちゃんと目が保護できるし、都心での日常生活レベルでの眩しさなら色が薄いサングラスでちょっと眩しさを軽減する程度で十分。

オシャレ伊達眼鏡を楽しみつつ、アンチ伊達眼鏡の人たちに対して、サングラスですって言い訳できるね!

サングラスをつけていても怪しくない

なんだかんだ言って、相手の目が見えないと、威圧感とか不信感とか感じるね。付ける側からすると、「どこを見れば良いか目のやり場に困るから、目線を隠すサングラスがありがたい」らしいよ。逆に、誰かを凝視したい人は、やっぱり色の濃いサングラスを好むよね。

一方、明るい色のサングラスならば目元が見えて怪しさがない。目のやり場に困らないし、誰かを凝視したいわけでもない方は、色の薄めのサングラスに挑戦してみよう!

ただし、同じ目が見えるサングラスでも、青にすると怪しい感じが出てくるから要注意。

室内や暗いところでもでも付けたままにできる

色の濃いサングラスを室内とか暗いところで使うと、はっきり言って見えづらいが、いちいち外すの、面倒なんだよなー。

でも、外すのが面倒だからって暗いところでサングラスをしていると、だんだん目が痛くなって、しまいには頭痛がしてくるのが困り物。

が、この黄色いサングラスであれば、暗めの室内でも目に負担なく楽にものが見えたのが好印象!

まとめ

黄色い丸メガネのサングラスは、オシャレ(合わせられる服の系統は選ぶ)で、怪しさがなく、伊達眼鏡にもサングラスとしても使えて、室内で着用しても目が痛くならない。

ありがちなサングラスから脱却してちょっとオシャレを楽しみたい方は挑戦してみてはいかがだろうか?

↓楽天市場で買えるのでチェックしてみてね〜。

では、ここまでお読みいただきありがとうございます。