【m】やっぱりオシャレは捨てられない

持ち物をどんどん減らし、最終的に知識、仕事、お金、家族は大切だな、というのが見えてきた。

オシャレするのが大好きだったけど、一旦、バッグも、アクセサリーも、服も、靴も、自分なりに減らせるだけ減らした。服は30着位に減った。そうしてみて思うことは「やっぱりオシャレをしたい」のだ。

スポンサーリンク

一旦減らしたからこそ見えてきたこと

ノームコアファッションもやってみた(これはかなりヒト受けが良かった)のだけど、自分としては面白くない。面白みにかける服に毎日身を包んでいるのだから、テンションなんか上がらない。

20代は、華やかというか個性的なファッションばかりしてきたが、一度はリセットしてシンプルなファッションをして、それはそれなりの良さには気づいた。しかし、そこに自分らしさがなかったように思えた。

漠然と感じていた「自分を大切にしていない感覚」

そんなのをここしばらく、漠然と感じていた。どうやったら「自分を大切にする」ことができるだろうかと?

その感覚を感じる理由の一つに「オシャレを楽しんでいなかったことかもしれない」と気付いた。常に他人目線を意識して服を選ぶようになっていた。

とにかく自分が着たいものを着るんだ!という感覚が欠如が自分を大切にしてない感に繋がっていったのかもしれない。

うん。

これからは、オシャレをまた楽しもう。

そうすると、バッグ、アクセサリー、靴、服がリバウンドするな(笑)。まぁ、本気のミニマリストではございませんし。

よっしゃー買うぞーと意気込んでも、沢山ありすぎると、すり減るまで使い切れないから、慎重に買っていかないとね。

30代の綺麗なおねーさんを作り上げるのにむけて、再スタートだ!

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク