センスエピGで家庭で手軽に脱毛-まさかの!?効果を実感♪-

脱毛したいしたいと2年ほどつぶやきながら、一向にやらなかった私。

が!ついに2016年に「美容」にチカラを入れる決心をした。

そのなかのひとつ、脱毛。

サロンに行くのも検討したけれど、まずは家庭用脱毛器でチャレンジ!

センスエピGの使用者から勧めてもらって使うこととなった。

イスラエルは美容大国!

レーザーを始めとする光技術は元々軍事産業から医療、美容と応用され、イスラエルの開発力の高さは定評がある。

イスラエルは美容機器だけでなく、 アンチエイジング分野全般においても研究が進んでいて、ミネラル分が豊富な死海の塩を利用したスキンケア商品は、保湿力も高く世界中の女性たちから支持されている。

スポンサーリンク

センスエピGの良いところ

カートリッジや専用ジェル・クリームが不要

5万発照射が可能なセンスエピGならカートリッジ交換も不要。

専用ジェルやクリームも必要なく、カートリッジの費用を気にすることもない。

時間もお金も節約

エステに行くよりも、だんぜん経済的。

首筋、口まわりやうなじなど、今まで処理しにくかった部分も簡単に無駄なく脱 毛できるようになった。

サロンを予約をしたり何度も通う煩わしさもなく、好きな時間に好きな場所で使えて、自分のペースで脱毛が出来るのがうれしい

センスエピGでやって、どうしても残る部分があればエステや医療脱毛に行っても良い(私にセンスエピGを勧めてくれた人はそんな感じ

安全設計

センスエピ(SensEpil)は家庭用脱毛器として初めて肌色センサーを搭載し、光を照射する前、センサーが肌の濃淡を自動チェックする。

大切な肌ダメージを与えることがないよう、肌が過度に日焼けしているなど、使用が適さない肌色の場合は光が照射されないようなセーフティー機能が付き、安全を確保。

日本語説明書

見た目裏側

スイッチがある側

中央の四角い穴が光を照射する。

下の小さな四角か光を感じるセンサーで、機械が皮膚面に密着してないときはフラッシュしない安全設計。

光を直視しない方が良いとのこと。

コンセントにつなぐと黄色と緑に光る。

このスイッチを長押しすると「うぃぃぃーン」ってすごいモーター音がして最初はビビった∑(゚Д゚)

ボタンを押すたびに強度が調整できるようになる。

終了するときも長押し。

持つときはこんなに感じ、親指がボタンにかかると押しやすい。
ボタンを押したときのセンスエピG

パチッときの音が出るのでまたもやビビる∑(゚Д゚)

本体の穴が空いているところから強烈な光が漏れてくる。

画像の左上が赤くなっている通り、赤く光る。

光を直視するわけではないが、漏れる光だけでもけっこう眩しいので、照射の瞬間は目を閉じていた方が良い

まぶた越しにも光を感じるほど。

穴が空いているのは、機器の熱を逃がすためだと思われる。

出力を強くすると、皮膚が暖かく感じるので熱がかなり出る。


オーバーヒートを防ぐためか、 連射はできず、5秒くらい時間をおいてボタンを押すと照射出来る。

体感(私がストレスフリーで出来るレベル)

痛みに耐えられるレベル、皮膚の強さは個人差があるので、あらゆる部位において必ずレベル1から照射をスタートしてね★

照射レベルが強いほど脱毛効果は高いものの、皮膚の炎症や痛みを感じるなどのリスクも高くなる可能性があるかもしれない。

センスエピGは、痛いというより、「熱い」と感じる

以下、参考までに、余裕に感じる照射レベルとその部位。

眉間、鼻の下【レベル1】

顔の皮膚は薄いので、刺激に弱いんじゃないかな。

低レベルでの照射をオススメする。

脛の内側、腹部 【レベル3】

ここもやはり皮膚が薄めだよね。

4は我慢できるけど、照射を繰り返すうちにちょっとつらくなってくる。

脛の外側からふくらはぎ 、脇、ビキニライン【レべル 5】

皮膚が厚いところは強くても平気のようだ。

お風呂に入った後は血流がよくなって暖かくなっているおかげか、上記よりハイレベルでも痛みを感じづらくなるので、プラス2~3いける。ただし皮膚が柔らかなくなっているので、積極的にするのはオススメできないですが、そこらへんは自己判断で!

どれくらいの期間で効果を実感するか?

私はセンスエピGの以前に、皮膚科で光脱毛を1度だけ受けたことがあります。脇と脛の両方を受けましたが、かなり腫れてしまった(※先生もちょっと驚いていましたが、私は日光過敏症があり、そういうヒトは光やレーザに強く反応しやすいと事前に説明があります)し、我慢できるけど、痛みがなかなかでしたね(レーザーと比較するとラクでしょうけど)

最初は、2週間に一度のペースでしつづけ、5回実施したあたりから「あれ?うすくなったかな」と感じ始めた。

3ヶ月経過するあたりから、月に一度のペースでも良いようですが、私は2週間に一度のペースを5ヶ月目まで続けた。

以降、月に一度か3週間に一度くらいのペースで脱毛をしているが、半年以上継続するあたりで7割がた減るのを実感したような気がしする。

それ以降はツキに1度くらいのペースでやって8割がた減ったところで、そこから先がなかなか減りにくい。

しつこいのが残っているのだろうか?(継続してみる必要がある)

難にせよ、私の場合は効果を実感∑(・д・)!

急がないヒトは、格安でセンスエピGで試す価値があるのではないでしょうか。

脇、すね、眉間、ヒゲw、ビキニラインとやって、いずれもまだあと少し残っていますが、かみそりでサラッとお手入れするだけで簡単にお手入れできるので、とってもありがたい!

私に勧めてくれた方は、脇がどうしても取れない箇所があったので、そこはサロンに通って脱毛しているそうですが、そのような使い分けをしても十分にコストパフォーマンスが良いと思います。

センスエピGがオススメの人

  • 低価格で脱毛をしたい方
  • 痛みに弱い方
  • 急がない方

低出力でも光脱毛で強く腫れたことがある方(日光過敏症の方?)は、さらに低出力の家庭用で気長に脱毛した方が良いと個人的に思います。

製品情報

  • 本体サイズ 110mm × 650mm × 40mm (タテ×ヨコ×奥行)
  • 重さ 220g
  • 出力レベル 5段階設定
  • 照射面積  0.9cm X 3cm (2.7㎠ )
  • カラー  ライムグリーン×ホワイト
  • 製造元    イスラエル 、

センスエピG

新品価格
¥21,384から
(2016/6/27 10:48時点)

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク