ゴミ拾いは開運行動

早朝ウォーキングを再開して、公園を歩いていたら、とあるところに空きカンが二つ落ちていた。落ちてるの、珍しいなーと思いつつ通りかかったら、その空きカンの近くに高齢の男性と女性とが居て

「空き缶をポイ捨てするなんてねー、非常識ですねー」

みたいな会話をしている。

どこの誰だかが捨てたのをバッシングしてる割に、すぐそばに突っ立ってる自分たちは一向に拾おうとしないじゃん、おいおいwww

と内心突っ込みつつ、そのときはその場を通り過ぎました、はい。

スポンサーリンク

翌日

また同じところを通りかかると、昨日の空きカンがそのまま。

あれから、ずいぶんたくさんの人が通りかかったはずだが、誰も拾っていない。

これは私が拾わねばなるまい!

そして、めっちゃ都合の良いことに、少し離れたところにコンビニ袋みたいな小さなビニール袋が落ちている。

公園何には自販機が設置されており、空き缶を捨てるボックスも隣接している。あそこまで持っていこー!っと。

周りに誰もいないことをキョロキョロと確認して(笑)

陰徳を積んだぞーぐへへー(^q^)

な気持ちでニヤニヤして拾っておいた。

「陰徳」とは

陰徳とは、人知れず行なう良いこと。

人から「ありがとう」などと感謝される良い行いは「陽徳」で、徳の大きさは「陽徳<陰徳」とされる。

この陰徳は見返りを求めずに淡々とやった方がいいみたいなので、皆さんが実行されるときは私のような邪な気持ちは、捨ててくれ!

良いことをすると気持ち良い

実際的なご利益があるのか否かの前に、「いいことしたー!」という爽快感を味わえているだろうか?

心の健康に大切だし、開運とか、すてきなことの「引き寄せ」において、「良い感情を感じる」って大切なこと。

で、いざゴミを拾ってみると、ペットボトルや瓶など他にも落ちていることに気づき、拾っていったものの、あっという間に入りきれなくなったしまった。

これから、早朝ウォーキングをするのだから、ついでにビニール袋を持って行ってみようか。習慣になって黙々と拾っていたらそのうち良いことが起きるかなぁ(^q^)

ゴミ拾いと開運について取り上げている他ブログ

▶︎人が落した幸運を拾う!

ゴミのポイ捨ては運を捨ててる。

ゴミ拾いをするのは無償で。

ブログ主さんはゴミ拾いをし始めてから運が良くなったそうです。ゴミを拾うと運気がアップするぞ!とよこしまな気持ちより、良運を拾わせていただいてるという謙虚な気持ちが◎

▶︎【ココヘル381】ゴミ拾いをすると運が良くなるのはなぜ?(ツイテル07)

陰徳を積むのが良い人は、成功を目指す人だそうです。

成功を目指す人は、ある意味で「欲」が強い方(欲があるから推進力となり素晴らしいことです)なので、欲と徳とのバランスをとることが大事との説明がある。

なるほど。

成功したいという気持ちを間違うと「自分だけ成功する」になってしまうので、ゴミ拾いにより他者へと目が向く、とも書いてある。

我欲が強い方ほど、無心で!陰徳を積ませていただきましょう。

ゴミばさみ

新品価格
¥260から
(2016/6/22 07:48時点)

ゴミ拾いをしてみたら運が良くなったよ、というアツイ本はこちら。

ストーリー形式の書き方になっているので、結論が出てくるまで冗長な構成になっているが、筆者に起きた心境の変化・環境の変化について具に描かれている。

気になる方は読んで見てね★

>>>Amazonでチェックする

>>>楽天ブックスをチェックする

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク