本当に納得できる服は少ない

何回か着て納得がいかずに処分することになったボトムスが最近、2点ある。

1点はタイトスカート。スリットが入っているのだけど、実際に履いてみるとスリットが予想外に深くて(試着段階では紐で止めてあった)どうにもセクシーすぎるのが気になったので捨てることに。もう一点はそれなりに高かったものの、1階履いただけで手に負えないほどのシワが入りまくって管理が大変なレベル。

試着してサイズが合っているかどうか、似合っているかどうかは確認する庫ができても、実際のところその服がどうなるかは日常生活を送ってみないと判らないものだ。

スポンサーリンク

着てすぐに壊れるのは高い服

1回着ただけで破れた、毛玉ができた、シワが入りやすい、汚れて落ちない…など、安物の服で起きるかというとそういうことがほとんどなくて、高い服ほどそんな有様だ。

シルク、カシミヤ、アンゴラといった天然素材は風合いが柔らかかったり、温かかったりと素晴らしいのだけど、いかんせんモロイし、手洗いで面倒だったりする。一度は着てみて経験してみないとわからないものだけどね。

お洒落は楽しいけど、服にお金を費やすのがばからしくなってきた

ファストファッションばかり身に着けていないで、たまにはちょっとお高めのものでも着てみようかしら、などと思っていながら、シワが入りまくってどうしようもないボトムスは2万円程度のそこそこのお値段でしたが、値段と品質が比例しないよね。むしろ扱いが難しいよ。

履くたびにクリーニングに出す必要があるボトムスなんてどんだけ維持費が高いだろうか? それを考えると、服を見るとテンションが下がってしまう。

お洒落は楽しいからこそ、テンションが下がる服は捨てる

シワが入りやすかったボトムスは「高かったから」とか「まだ1回しか着てないし!」という理由で自分でアイロンをかけ(アイロン用ノリがあるよ)ていたが、プロに依頼しないとアカン…という状況だし、頑張って自分でアイロンをかけても、時間が惜しいし、見るたびに気になって仕方がない。

そういう状況で着続けても良い気分にはならないよね、ということで、2回履いたところで捨てることにした。コスパの高いボトムスになってしまったけれど、勉強代と思えば安いものだ。今後の服の購入は、1万円くらいでいいんじゃないか? とお金を服にかけるばからしさをを痛感したのでした。