理想のクローゼット作りで理想の生活が叶う? 【買ったモノ・捨てたモノ】

しばらく服の入れ替えはないかな、と思いつつ、新年度から新たな流れになりそうな感じ。 

自分の勤め先のクライアントは比較的裕福な人が多いのだけど、金持ちに対するひがみが強い同僚は(案の定というか)社長とかお金持ちと話がかみ合わないらしい。これに「金持ちマインド」を植え付けるためにどうしたらいいか?

というのが話題だが「みんなでお金持ちオーラだそうぜ!」というちょっとした流れが始まった。

スポンサーリンク

理想の生活を送っている自分は、どんな服を着ている?

将来、理想の生活を送っているときの自分を先取りするためにの手段として「クローゼットの入れ替え」って役に立つよね。理想的な自分って、どんな格好をしているだろうか?

クライアントがお金持ちがいいなら、お金持ちに支持されるビジネスマンってどんな雰囲気、表情、立ち居振る舞い、マインドetc.だろうか?  人は「見た目」に左右されるから、服装をそれっぽいくするのは有効だ。

今はフォロワーとしてきちんと感、信頼感、知的さを感じてもらえるような手堅い「通勤コーデ」ファッションを心がけたら十分だと思う。通勤コーデは比較的自由なのだけど、2016年の春からクローゼットからラフな格好を減らして、きちんとした格好を増やして仕事にいくぞ!

ということでクローゼットの入れ替え。

捨てたモノ

UNIQLOのヒートテックジーパン

冬の間は活躍してくれたが、色落ちが激しく被害にあった衣類は多数。

イライラの原因になっていたこと、ジーパンでキレイ目ファッションというのがどうにもハードルが高いこと、擦り切れていること、これらの理由からサヨナラです。

買ったモノ

「通勤コーデ 」とか「キレイ目カジュアル」はファストファッションでも実現します。というか、アメブロのオシャレママブロガーの記事を見ると、全部ファストファッションで通勤コーデを組んでいるので参考になる。

GUの麻ブレンドジャケット(ネイビー)

麻ジャケットは水色をすでに持っているが、ネイビーがあると何かと便利。4月に着るには肌寒い日もあるけれど、そういう時はインナーはセーターにするなどして対応できる。

GUのチノワイドパンツ(カーキ)

チノパンはカジュアルだけど、ナチュラルファッションもないと精神的しんどくなってしまうので、癒しの色を導入。白いトップスとか、ボーダーのカットソーとか相性が良く組み合わせの幅が広いのでお気に入り◎

UNIQLOのワンピース(ネイビー)

同型で黒、白もあるが、ネイビーのMサイズが人気のようで、店舗で最後の一着を購入。綿なので素材なのが個人的にポイントが高い。通勤ファッションとしても、ちょっとしたお出かけファッションとしても使えるきちんと感が◎

UNIQLOのワイドパンツ(グレー)

2015年度の冬に発売された商品を春先に最後の叩き売りでゲット。こちらもきちんと感があって◎

私が身に付けるものは30代はファストファッションが多くなったが、その中にもハイブランドは混じっている。

ブランド好きの上司(男性)に「今日の格好で、どれがファストファッションでどれがハイブランドでしょうかー!?」と問題を出したことがあったが「わかんない」と放棄された。

よほど「質感」が良いものを選ばないと、実際の値段ってわかりづらいよね。

徐々に金持ちっぽく過ごそう

斉藤一人さん曰く、成功している人、お金持ちだと「思われたら」良いのだそうだ。

女性であれば

  • 清潔な服装・髪型
  • 明るく綺麗な色の服
  • キラキラしたアクセサリー
  • 化粧を綺麗にする

といった条件を備えていれば、何も高いモノを買う必要がない。

もし高いモノを買うなら、ロレックス、ルイヴィトン、ベンツなど「わかりやすいモノ」を選ぶ。

今は堅実な格好をして信頼感を得るのがいいだろうけど、将来は自分が代表として仕事をし、成功した人・お金持ちの人として花柄のワンピースとか華やかな服装をしていそうだ。

楽天市場で脳内イメージに合いそうな画像を探してみた。個人的にはお金持ってる女性って感じがする。

>>>楽天市場でチェックする
価格:2462円(税込、送料無料)

女性にとって 「美人」ってビジネス上でも有利

顧客目線だと、同じ商品でも「人気」のお店からモノを買いたい。

ラーメンを食べるなら、行列が出来るラーメン屋で食べたいように、ビジネスが上手くいっている人に仕事を依頼したいよね。

カタチから入るために、まずは理想の生活を先取りするクローゼットを作っていこう。

「斎藤一人 世界一ものスゴい成功法則」 (語り下ろしCDつき!)

新品価格
¥1,620から
(2016/4/24 14:01時点)


では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。記事を気に入ったらシェアしてください。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク