【m】たまには増えたものについて語る

ミニマルライフを志していても、買うものは買う。

基本的にモノを飾るセンスが自分には無いし、飾る場所もない。

美術館に行くのは好きだが、家の壁に絵を飾る趣味はない。

絵を飾っていても飽きるもんね。

ところが最近、ひじょーに珍しくとある絵に一目ぼれした。

スポンサーリンク

ポストカードサイズの小さな絵

どんな絵であるかは詳細は伏せておくが、セクシーな絵(露骨な描写じゃないよ)。

色使いや、質感など、目を惹き、私にはすばらしく見える。

それを描いたのは、将来画家としてやっていきたいという方で、出展すべき作品を意欲的に描いている。(レストランで展示販売していたこの人の絵が数十万円で売れたこともあるらしい)。

絵で食べて生きたいという方は沢山いるだろう。絵を描くのが好きなら、とにかく描き続けること。いろんな人の目に触れれば、必ず誰かの心を捉える。

玄関に飾った

1kの小さなわが住まい。玄関はキッチンと隣接しており、下駄箱(実際は靴以外の収納スペースとして活用中)の上には調理器具などついつい乗せてしまうが、絵のすばらしさを惹きたてるために片付けた。

よしよし、スッキリしたぞ。

この状態を維持できれば、モノが増えることが良い方向に働く。

では、ここまでおよみいただきありがとうございます。