洋服の破れを縫って大事に着る

無印良品で購入したグレーのマキシワンビ。冬の部屋着&カジュアルな外出着として活躍している。

そうとう着倒している服の一つだが、ふと生地に小さな穴が開いていることに気づいた。

これ買ったの、いつだっけ?(遠い目)。着心地がよく柔らかい綿素材だし、プレーンなデザインであるため、何年着ても飽きがない。穴が空いても不思議ではない。


裏からグレーの糸で縫う。

チクチク。

穴は小さかったので、あっという間に縫い終わる。

こういうことがあるから、裁縫道具は必須アイテムだ。

また表から見てみる。どこを縫ったかわかるかしら?

穴が開いているより目立たないよね。

よしよし。

頑丈で、飽きがこないデザインで、縫った場所が目立たない。

そんな服を大事に着る。

あ、なんだかちょっとだけ「ていねいな暮らし」をしてるぅ!

みたいな満足感を得た癒しの時間でした。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク