ブログを書いてわかったこと

午前中日記を始めとして幾つかのブログをこれまでに書いてきた。ブログってどんなことを書いたらどんな反響があるのか、とか、何を書いたら良いんだとか、自分なりに思ったことをつらつらと書いていく。

ブログ初心者向けの内容です。

スポンサーリンク

午前中日記

記事ネタのベースは自分が好きなこと

最初の売り上げがない期間を耐え忍べるのは、自分が好きなテーマを書き散らしていたから。

カテゴリー作戦で新たなブログ候補を検討する

「興味がわいた話題をカテゴリー化して書いて、そのまま自分が書き続けられそうだったり、反響があったりしたら専門ブログを立ち上げる」というやり方が無難。

新しくブログを始めても、なかなか続かないから様子を見るのにぴったり。

被リンクもらうの大切

人気ブロガーさんに取り上げてもらうのは絶大。そこ経由で数ヶ月はアクセスがくる。

私はオフ会に出たことはないけど、ブロガー同士のオフ会に出るとたくさんの人からブログを紹介してもらえるから、リアルとネットをつなげる効果はある。

テレビの影響は大きい

ミニマルライフは、たまたま書籍が出始めたり、テレビで扱われたりして注目が世間的に高まってきた。テレビで扱われたとき、アクセス数が増えた。自分の経験をシェアしている感じ

テラスハウスとかムヒカ大統領の名言とか、テレビで扱われた内容について取り上げたことを扱っているとすごくアクセスが増えた。

私はテレビを持っていないので、この辺はヒトの家で見てるが、ブログにテレビの影響を利用してアクセスを集めたい人は受信料を支払ったらいいんじゃない? 十分にもとが取れるよ。

影響力がある人の発言を取り入れる

心屋さんの「前者後者」とか有名人のブログの話題について言及するといいだろう。一時期アクセスが多かった。

ニッチワードを見つける

「1日1.5食」で検索すると午前中日記が上位表示される。1食でも2食でもないところを書いてたまたまヒットした。

検索が多いワードを仕込むのも大切だが、キーワードを少し外して自分のブログを上位表示させるとか、そんなテクがあるらしいよ。

IMG_8085-0

仕事用ブログ

自分の専門領域なので、話題が無限に湧いてくる。お悩み解決系の内容、読者が知りたい話題、役に立てて幸せ( ̄▽ ̄*)といった充実感があるので精神的に良い影響がある。

このブログでは2つのテーマに絞っている(仕事そのものの認知度を高めること、読者の悩みを解決すること)ので、どんなテーマを扱っても一貫するがあれば、どんな話題を扱っても結論が決まってくる。

独自ドメイン、ワードプレス、SEO対策テーマを使う

ブロガーさんたちはこの3つのお約束をしている人が多いように思える。

私の同業者のブログを見ると、独自ドメインでペラサイトを作ってそれっきりのケースか、ブログがあっても無料ブログを利用しているケースを見かける。

私が3つのお約束で記事を書いているだけで同じ話題を扱っても検索で上位表示されるので、ブログの構造を整えると上位表示されるのは間違いない。

読み応えがある長文記事は上位表示

2,000〜3,000文字くらいで内容を読み込める記事は上位表示されやすい。読者が読み込んでくれたら滞在時間が少し伸びるよね。

お悩み解決系のブログは広告クリック率が高い?

読者が悩んでネット検索→ブログを見つける→本文を読む→もっと情報が欲しいので表示されるマッチング広告をクリックする確率が高いのではないか。

IMG_8585

お金関連のブログ

お金はこれはみんなが大好き、注目の話題だね。

節約、収入アップ、投資、貯金、お金持ちマインド、お得情報など多岐にわたるので、良いテーマだと思う。

ゲームのような趣味話題は強い。

ゲーム、マンガ、テレビ番組の感想やプレイ日記など、これこそ好きなことを発信してアクセスを集められるの典型だと感じる。ゲーム、マンガなど娯楽ジャンルもアクセスが集まりやすい。

ブログテーマは緩く絞るといい

ブログで発信したいテーマを明確にしていた方が読者ターゲットを絞りやすいが、あまりにも絞りすぎると書くネタがなくなる。これが私のブログが続かなくなる最大の理由。

少し緩くしたほうがいい。

IMG_8605

やっぱりブログは好きなことを書こう!

ブログ収入だけで生活していく人は読者を意識した構成を考えていかねばならないけど、ブログを継続できる人がそもそも少ないようだ。

ブログを書いてみて、やっぱり自分が好きな内を書くからこそブログが続けられるだろう。最初はシンプルなところから始めて、書き続けていくうちに読者からの反響があった記事が自然と見えてくる。

なんでもいいから、ブログは始めたもの勝ち、続けたもの勝ちなのだ。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。