絵描きビギナー最初の一歩 -対象の大まかな形を捉えよう-

絵が上手なブロガーさんを見ていると、ついつい羨ましくなる。イラストが描けると

  1. 表現の幅が広がる
  2. 適切な画像が見つからなかったときに絵で表現できる
  3. 名前がわからないモノを絵で説明できる
  4. 著作権があるものを絵で表現できる 

こんな利点があるだろうか。

私が苦手なのは「対象物の全体のバランスをつかむ」こと。リアルに描けなくてもいい。でも、イラストですら描けないの。
いつまでも「絵が描けたらなぁ(^q^)」と妄想していても微塵たりとも描けないので練習あるのみ。

いつかブログでも絵を取り入れることを夢見て、描くのに参考にしたのはえんぴつ1本ではじめる スケッチ手習い帖

使用したペイント用アプリはibis Paint X。iPhone 6 plusを使っているので、画面はスマートフォンの中で大きめ。


アプリでは、Gペンなどペンの再現を細かくしている(が、私には使いこなせない)。

ペンの濃淡、太さも調整できるし、塗りつぶしやぼかし、色も変えられる。

では、絵を描いていこう。

スポンサーリンク

○、◻︎、△などおおまかなカタチに置き換え、全体のバランスを捉える

絵を上手に描けるかどうかの基本は「大きさのバランス」だ。一部だけ捉えて書き始めると、全体のバランスが不調和になり、「下手な絵」になるので、

  1. 最初に全体のざっくりとしたシルエットを捉える
  2. 1.のために○、◻︎、△などシンプルな形に置き換える

この作業を最初にしよう。

鉢と植物


全体的な形を把握するためにグレーで下書き。

茎は葉っぱで覆われて見えないが、三昧の葉っぱの根元に当たる部分がここまできているぞ、というところまで描く。

から書き込んでいく。

バラのレリーフがついた植木鉢

デザインが凝っている鉢も、最初は大まかにカタチをとる。円筒形のモノは「○と◻︎で構成されている」などとできるだけシンプルなアウトラインを見抜こう。

  

バラを○で配置していく。

最後に細かいな部分を書き込んでバラのレリーフがついた鉢となる。アプリは画像の拡大・縮小・移動が簡単にできるので、細かな部分を描くのも簡単だ。

アプリには「レイヤー」があるので、下書きを黒ペンで描いて、色味を薄くすることもできるし、上書きとバラバラにすることが可能だ。

いかがでしたか?

絵を描きたいけど自信がない。そんなビギナーさんは「全体を捉えることから」始めましょう。

えんぴつ1本ではじめる スケッチ手習い帖

この本には、他に人物、動物、室内、建物、風景も簡単に描けるコツが紹介されている。

私のように絵を描きたい! けど、バランスがダメなんや…と自信がない方にオススメだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。