【m】マキシマリストがミニマリストを見ると心配するらしい

先日、友人と久しぶりに会ってカフェで話をしたり、雑貨を見たりして過ごした。

かわいい雑貨が並んでおり、それらを眺めて友人が、

「こういうの、持ってたよね」とか「そういうの好きだったよね」と話しかけられ、その度に

「うん、でも捨てた」

と答えた。

「あれ? 興味ないの?」

「ぜんぜん興味ない」

などとやり取りをしていたら、最終的に、

「仕事のしすぎじゃない?」

と言われた(笑)

最初から物欲がない人として認知されていたらなんとも思わないのだろうけど、友人は昔の私を知っていたので、今の物欲の乏しさに驚いてしまったのだろう。どうやら、

仕事しすぎでウツになって、世の中に興味・関心が薄れてるんじゃないか? 大丈夫か?

的な心配をしていただいた模様。こうして心配していただけるの、ありがたいよね。

この友人(とその家族)は堆積系マキシマリストなので、私のモノへの執着のなくしっぷりは、異様に思えて仕方がないだろう。

人間に欲求がくっついているのは、ちゃんと神様が必要だから用意したらしい。欲望に振り回されてはいけないけど、その欲望を適切に管理していくといい感じに発展・向上していくのよね。

私のモノへの欲求はどこかへ行ってしまった。 今、お金そのものに欲求が向いたかな?と思うが、過去ほどの強い執着のエネルギーがあるかとういうと、そうでもない。そのうち、またどこかから降ってくるだろうか?

今回はマキシマリストの友人と、ミニマリスト寄りの人とのお出かけだったので、モノを持たないことへの認識の誓いを感じて、ちょっと刺激を受けたのでした。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。