少食・腹八分は時間を生み出す

少食化にして、もう数ヶ月。その時々に合わせて、1日1.5食前後を維持してる。このような少食生活を続けて、以前よりも明らかに時間が生まれたと感じる。

社会人ならなおさら、少食化ができると、より一層仕事の能率があるのは間違いない。オススメだ。

スポンサーリンク

食事のせいで眠くなる

いろんな人と雑談をしていてありがちなのが「昼食後に眠くなる」だ。昼食後、といったらまさに「仕事中」なのだ。

私も15時ごろに眠くなることが以前はたびたびあった。しかも、一旦眠くなると、どうにも抗いがたい強い眠気に襲われて30分くらいはぜんぜん集中できなくなる。こうなったらもう勤務中に起きようと抵抗するのをやめたほうが潔い!

この食後の眠気の正体は、ズバリ低血糖

眠くて仕事が手につかない、あるいは眠気が原因でミスをする。あなたはそんなことが思い当たらないだろうか?

仮に昼食後に30分ほど眠い時間があって、一月あたりの勤務日数が20日とする場合、全く眠くならない人は、ひとつきあたり600分(=10時間)余裕があるのだ。

仕事ができるあの人は、もしかしたら眠くならずに高い集中力を維持しているのかもしれない。

IMG_8855

低血糖を引き起こすのはカフェイン、甘いもの、果物など摂り過ぎればいついかなる時でも発生しうる。高GI値食品は食後に血糖値が高くなりやすい。逆に低GI値食品は食後血糖値が高くなりにくい。検索すると食べ物が分類されているのでこれが参考になる。

ただし、いかに低GI値食品といえど「満腹」になるまで食べてしまえば血糖値が上がりすぎるので「少食」がオススメなのだ。

昼食後に眠くなるなんて、無駄な時間だよ

だらだらテレビを見たり、ネットサーフィンしたり、愚痴をこぼすだけのくだらない飲み会に付き合う時間は無くせ!とは自己啓発書でもよく見かける。

今だからわかる。この、低血糖のために眠気が出てる時間。これこそ無駄な時間だ。「食後に眠くなる時間をなくす」のも、とても大切なことだ。

IMG_8074-0

仕事中にかぎらず、休日でも食べ物で眠くなっていたらその時間は無駄だ。眠気がなくなればその間に仕事はできるし、読書だろうがなんだろが、自分がやりたいことをやればいいのだ。

食事量を減らす。じつはこれは簡単にできる時間を生み出す方法なのであった。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。