【m】ミニマリストの服のブランドを考える。もはや全身ユニクロか無印良品。

ミニマルライフ・シンプルライフ関連のいろんな方のブログを拝見していると、少ない服での着まわし方を見るのが結構おもしろい。

すると無印良品とユニクロ率が高いんじゃないかと思う。

無印良品の雑貨はミニマルデザインやシンプルデザインが反映されているから、無印良品好きの人は自ずとシンプルライフになるのかもしれないが。

モノを捨て始めてからオシャレに対する欲望がめっきり衰えた自分としては、東京のそれなりに大きな駅であれば大抵のところに存在している 無印良品とユニクロとが非常に便利だ。

手持ちのシャツはもはや無印良品とユニクロに占拠されてしまった。

せめて鎌倉シャツを…と思いつつ、けっきょく購入に至っていない。

今夏のファッション

今夏のふだん使いしていたパンツが、ユニクロの黒いパンツが1本のみだったので、パンツルックのユニクロ率は100%であった。

よって暑い時期は、シャツとパンツという格好であるなら、

①上下ユニクロ

あるいは、

②シャツが無印良品でパンツがユニクロ

という構成が多かった。

※ Tシャツも無印良品とユニクロ率が高い。

そんなことは特に気にしてもいなかったが…

時は流れ寒くなり

ある時の服装は、

ストール、シャツ…無印良品

ジャケット、セーター、ジーパン…ユニクロ

どんなに重ね着しても、けっきょく無印良品かユニクロじゃないかー!?

と、気付いた。

「今日は無印良品とUNIQLOの、ミルフィーユ・ファッションなんですのよ、おほほ」

ミルフィーユ・ファッションって言ったら、なんだかオシャレじゃないですか?

もういっそ、無印良品とユニクロ以外の服を捨てても構わないんじゃないか、とすら思った。

今後のクローゼットの整理のとき、

①無印良品&ユニクロ

②その他

の2つに分類してみたら…①のあまりの多さに驚くんじゃないかと予想している。      

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク
スポンサーリンク