【m】モノを捨てただけで価値観が変わる?

今ふりかえると、服・装飾品・美容関係コスメに興味があったころの自分は、欲しいモノを手に入れたり、身につけたりすることが幸せとか喜びとか思っていたかも。

そうして手に入れたモノを意識的に少しずつ手放して今では2年半位経っただろうか。

はじめは捨てても捨てても一向に減っているように思えないほどに捨てるモノだらけだったが、今年の夏頃からなんとなく終わりが見えて、そこから自分にとっての幸せの基準が変わり出した。

終わりが見えてきたといっても部屋ガラーンの人たちには敵いませんが

スポンサーリンク

モノでは「心が満たされる」ことがない

モノを捨て始める前はマキシマリスト寄りだっただろうか。

これはストレス解消のために欲しいものをヤケ買いしまくった時代があった名残でもあるのだけど、あるとき、

「いくらモノを買っても〝心のスキマ〟は埋まらないな」

と思った。

本当の心の満足って、モノからは得られない。

買った直後は楽しいのだけど、それは長続きせず、次から次に欲しいものが出てくるのだ。

そんなことに気づいたらむやみに購入するのは収まった。

3ヶ月くらいでこのことに気づいてよかった。

ヤケ買いは収まったけど、その後2年くらいは所有物が多い生活を送っていたんだけどね。

IMG_7637-0

質素な生活でも幸せは感じられる

今は住まいも狭いところへ引っ越したし、ブランド物の服とか買わなくなってファストファッションばかりだし、高い化粧品も買わなくなった。

以前と比べると質素な生活をしているにもかかわらず、幸せだと感じられることが増えてきた。

雨風をしのげる清潔な住まいがあって、お風呂にゆったり浸かることができて、リーズナブルで清潔な服が着られて、自分が好きなことができて(読書とかブログとかもね)、

あぁ〜幸せだなぁ

と感じられる「心」がすこしずつ育ってきたみたい。

モノを手放し、幸せの基準は変わり始め、2016年からは新たな価値基準に基づいて行動することになりそうな予感。

モノを捨てただけなのに、生き方が変わってくる不思議なミニマルライフ。

なんとなく、何かを変えたいけど、何をしたらよいのかわからない

そんなときはモノを捨てて自分を向き合いましょう。

では、今日もお読みいただきありがとうございます。