読書量と年収が比例する?

読書家としては「読書量と年収が比例する」と言われると嬉しい限りなのですが、実際はどうなのでしょうか?

▶︎参考記事はこちら。


スポンサーリンク

2009年の日経新聞での調査

「年収800万円以上の人は本代(月額購入費)は2,910円、400-800万円:2,557円、400万未満:1,914円であり、読書量は年収に正比例する。」

Business Management Degreeの発表

ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏のような大富豪を含む富裕層と年収3万ドル(約300万円前後)以下の層について、下記のように発表しています。

・88%が1日30分以上ビジネス書などを読む(「年収300万以下層」は2%)
・86%が読書家である(「年収300万以下層」は26%)
・63%が移動時間にオーディオブックを聴いている(「年収300万以下層」は5%)

雑誌「プレジデント」2012年4月30日号

「高収入の人は読んだ本や内容について話す相手がいる」

確かに高収入の仕事についている人は読書家・勉強家が多いように感じる

「読書」とは「7つの習慣」で述べられる「第II領域緊;緊急でないけど重要なこと」 にあたるので、第II領域の時間を取れる人がゆくゆく年収が高くなるのかもしれない。時間があるときに、ダラダラと過ごしている人と、読書をして見聞を広げようとしている人とを比べると、3年後、5年後と時間が経てば差がついてもおかしくない。

高収入の人たちは、読書にかぎらず、自己投資をする。資格もとるし、セミナーにも参加するし、何より、行動に移すんだよね。

きっとこれが、違いをもたらすんだよね。

仕事柄、いろんな職種のかたと接するが、高収入の職業の人、代表取締役、個人事業主など自立&自律ができないと務まらない方達だ。私が彼らにアドバイスをすると、拾うべき情報を拾って、吟味して、素早く行動に移して、結果をフィードバックしてくる。こちらが相手をどうこうしようとか思わなくても(というか相手をこちらがコントロールすることそはそもそも困難だ)勝手にやってくれる。

結論、高収入の人たちは読書家、というか、代表取締役はむしろ本を執筆してたりする。

IMG_8605

フォロワーがいくら本を読んでも収入には反映されないけれど

私は雇用されている立場で、しかも昇進とかカンケーのない職場なので、月額に何千円と読書しているものの、大きく収入が増えることがない。しかし、対応するクライアントの「質」は高まると思う。そういう知識が豊富な人たちとそれなりに話ができるからねっ★

昨月から、人からのススメで、読書ではなくてオーディオブックに切り替えた。取り入れてみたら、本が読めないときでも情報を入れることができるので、これはなかなか便利だと感じる。小難しい自己啓発本なんか、オーディオブックじゃないと大事なことを言っているのに挫折してしまうわ。

行動を変えて、2〜3年後にさらに向上するためにインプットとアウトプットしていきましょう!

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe


関連記事

読書好きにも、オーディオブックで時短のススメ