読書好きにも、オーディオブックで時短のススメ

数ヶ月前まで、本を月に10〜15冊位読んでいたものの、ブログでアウトプットする時間が増えてきたら、インプットの時間が少なくなってきてた。今では本を読むペースが大幅にダウンし、月に1〜3冊だろうか? うーん、少ない。

代わりに、ここしばらくはYouTubeでの動画をDLして音声を聞いていたが、まともに聴ける内容となると数が限られてくる。そこで、オーディオブックのサービスってないのかな?と思って探してみたら、あった!

ということで、オーディオブックのFeBeというサービスを使い始めた。今回は、実際にオーディオブックを利用した感想を紹介する。

iPhoneアプリもあるよ!


スポンサーリンク

オーディオブックのメリット3つ

時間の節約

オーディオブックの大きな利点としては、やっぱり通勤中や何かをしながら聴けることだ。電車通勤の方なら、自宅⇄駅⇄会社で歩いたり、電車の乗り換えで歩いたりする。この時でもオーディオなら聴けるし、車通勤の方だって聴いたら良い。そして、まさしくこの記事を書きながらオーディオブックを聴いている。

受け身でOK

例えば、読みたい気持ちはあるものの、古い話とか文章が固かったりして読むのがツラい…という本ってあるよね? たとえ話でリンカーンとかナポレオンとか言われてもあたしゃイメージがつかないよ。そんな能動的に働きかけたら頭に入りづらい内容でもオーディオブックなら、受け身で強制的に文章が入ってくる

うとうとしていてもOK

受け身でOKの派生版だが、音声を聞いているときにうとうとしていても「睡眠学習になるんじゃないかな!?」という前向きな気持ちになる。

オーディオブックのデメリット

騒がしいところでは向かない

電車や車などの音がうるさいところに行ってしまうと、音声が聞こえなくなってしまう。iPhoneアプリからなら、アプリを開けば巻き戻しは簡単にできる。

FeBeの良いところ

FeBeでは、音声はMP3形式で保存されてるので、パソコンでもiPodでも聴けるが私はiPhoneで聴いている。Androidだと、アプリから購入もできるが、iPhoneでの購入はネットから、聴くのはアプリから、とわかれている。

プレミアム会員登録があり、お得に聴ける

聴きたい本を選ぶと、例えば2160円といった値段がするが、プレミアム会員登録(私はゴールド会員にして月に1300円)すると、コースにより月に一冊ないし二冊、好きな本を選べる。

速聴に対応

これもさらに時間効率化に貢献するし、速聴は頭が良くあるとのことなので、アツイ。

1倍〜4倍速まで変化できて、即聴に適した音声に調整してあるし、0.1ずつ速度を調整できる。

IMG_8078

『巨富を築く13の条件』を聴いた感想

最初に購入したのは、FeBeの自己啓発本での売り上げ4位(2015年11月27日時点) にランクインしている、ナポレオン・ヒルの『巨富を築く13の条件』。

古い本なので、例えがジョージワシントンとかリンカーンとか言われると個人的にはついていけなくて、電子書籍でサンプルを読んだ時点で頭がフリーズしかけた。現代ビジネスにそのまま当てはめることができない部分があると思うが、ヒトとしての望ましいあり方については現代でも共通部分はあるので、手堅く押さえておくべき本ではないだろうか。

お金を得ること、仕事を成功させること、リーダーとして必要な要素や、潜在意識について扱っており、あらゆる自己啓発書の原典

あと、成功に必要なのは「 愛 と ロマンス と 性 欲 」みたいな章があるが、このへんは現代的なゆるい自己啓発辞書は数十冊読んだが、扱っているのをあまり見たことがない(仕事ができる男はモテる!みたいな本ってどこかにあると思うんだが) 。

日本人向けだとウケないのか、著者がパートナーシップと愛とビジネスを絡めて話ができないのかな?なぜ成功者は40歳以降が多いのか?という秘密が書いてある。

心理学でいう「昇華」に当たる話をビジネスに活用できたら、すさまじく情熱的に仕事ができるだろう 。

音声の長さは6時間27分かかるが、2倍で聞いたら3時間13分。帰宅最中から聞き始めて、翌朝、布団でゴロゴロしているときに聴いていたら、聴き終えた。休日だったので、さらにもう2巡聴いた。

この早さはスゴイ。普通に本を読んでいたら休日でも最低でも丸一日かかるよね。しかも途中で眠くなってるわ。

これからの読書には、オーディオブックでは自己啓発本を攻めていきたい。

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe


▶︎Amazonはこちら

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。