【m】デザイナーズ物件はミニマリスト向けのように思える

引越し妄想がちかごろ再燃しているが、引っ越すなら事務所・店舗利用OKで自宅も兼ねられて猫足バスタブがある物件がいいなぁ。 

検索で「猫足 バスタブ 賃貸 東京」みたいなサジェスチョンが出るなら、そこから猫足バスタブ付きの物件の写真を見られる。

都内であっても相当物件数が少ない上、ワンルームでも10万円〜という強気の物件が揃っている。

そして、部屋の見た目として、

  • 猫足バスタブ
  • 浴室の壁はスケルトン 
  • 壁はコンクリート打ちっ放し

という三拍子そろっていることが多い。 これ、なんていうテンプレート? 

それ以外に気になるのは・・・

スポンサーリンク

デザイナーズ物件は収納スペースがくて、キッチンが小さい

そういう確率が高いという点だ。

これは物を持たないミニマリスト向けかな?と思ってしまう。

こういう物件に引っ越したと仮定すると、どうしてもモノが外に出て目にする機会が増えてしまうだろう。美観が損なわれるのは間違いない。

それならば雑貨のようにデザイン性が高い日用品に買い換えてみよう、ということで、

  • まな板→猫の形
  • しゃもじ→ウサギの形
  • コップ→小鳥が止まっている樹の形

という風に日用品のちょこちょこin & out をしている。こういうのには興味がないんだけど、なんだか最近、自宅がメルヘンになってきた…

自分が保有して言える椅子なり本棚なりは、見た目がごく普通で、美しさの欠片もないので、どうせ見えているなら、きちんと美しいものにしたね。

目標達成後の自分になりきって生活することで良い物件とめぐりあるかもしれない。

収納スペースが少なくて、キッチンが小さめのデザイナーズ物件でも余裕で暮らせることをイメージすると、やっぱりミニマルライフを目指しておくべきだな、と思った。

トランク型のチェストとかベンチのような見た目が良いケースにに全て私物が収まって、他は全て仕事関連のものが外には出ているようにできたらいいな、と想像中。

いまは押入れの中にプラスチックケースで衣類と雑貨を収納して言える。それと比べると、だいぶ収納ケースが小さくなるね。

ここに何を収めようか?

こういうのを考えると、ワクワクする。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク