【m】愚痴を捨てると波動が変わる? 職場で愚痴が減った3つの方法

私が職場の同僚にたいしてイライラしていたとき、不平不満が多くて、愚痴らずにはいられなかった。そしてそんな自分自身に嫌気がさしたものだ。さらに上司や社長などがこぼすその同僚に対する不満を聞かされるというのがこれまたストレスとなっていた。上司は注意はうまいんだけど、愚痴るのよね

今日は自分が愚痴るのをやめたら、相手も愚痴らなくなった、あるいは愚痴っても気にならなくなった3つの方法について書いていくよ

スポンサーリンク

言葉の言い換え

以前なら自分は「バ○じゃないの?」と直接的な言葉で愚痴っていたが、どうしても愚痴ってしまう場合、は「残念ですね」「もったいないですね」のように柔らかい言葉で表現するようにした。

上司の愚痴を受け止める場合も、穏やかな言葉、ポジティブな言葉に言い換えてオウム返しにして話すようにした。

「彼は○○がダメ」→「そうですね、それはあまり良くないですね」みたいな言い換え。

皮肉でも褒める

上記の言葉の言い換えができなかった場合、たとえば「何度注意されても改善できないところが彼のいいところじゃないですか(笑)」と皮肉でも褒めるようにしていた。

一つの物事もいろんな側面から捉え直せば解釈が変わるので、「頑固ということは、意志が強いってことですから、そこが彼のいいところなんですけどね」みたいな言い方。

話題をすり替える

「昔は腹を立てていたけど、彼から勉強させてもらったおかげで人間的に成長した、今振り返ればありがたいと思える」などと、彼の問題を通して自分の内面が成長したアピールを上司にしたり、

あるいは「あなたみたいにきちんと導く上司に恵まれて彼は幸せだと思います」のように上司をよいしょし始める。

もしかしたら自分の評価が上がるかもしれない。

まとめ

このように、愚痴に出くわした場面で

  1. 言葉の言い換え
  2. 逆に褒める
  3. 話題をすり替える

というように自分の行動を変えたら

最近上司の愚痴が減ったかもな〜?

あるいは、愚痴をこぼされても気にならなくなってきたな?

と思うようになってきた。

愚痴っぽい人や、つい愚痴りたくなる状況というのはあるものだ。かつては上司たちが愚痴をこぼすのがストレスだと思っていたが、実は自分もそうとう怒り狂って愚痴りまくっていた。上司が愚痴るのは私のせいであるとも考えられる。

愚痴を語った相手には同情してもらったり共感してもらってりして欲しいものだろう。そこに同調せずに微妙にずらして言葉を返すことで、相手のペースを崩し「この人に愚痴っても共感してもらえない」とうすうす感じてもらえることができるのかもしれない。

愚痴りたくなるようなことがあっても、気にせずに水に流せるなら、人に語らずにいたほうが、新たな愚痴を招くこともないだろう。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク