【m】モノが多いと時間がかかる、そして仕事ができないヒトになるかも

『そうじ力』で有名な作者の舛田光洋さん。

『仕事で輝く 人生が変わる 「そうじ力」で自分磨き!!』というタイトル通り、仕事と掃除と関連させた内容となっている。

仕事机が乱雑だと、仕事も捗らない。

一般的な人のモノを探すのに費やす時間は年間で150時間にも及ぶのだとか。

これは1日8時間労働で土日祝日休みの労働者であればおよそ一ヶ月の労働時間に相当する。

物を探す時間がない人は、どんどん仕事をしている可能性がある。

そんなワケでお片づけしなさいってことだ。

そこの書籍のなかでとても気に入ったのはフレーズは、

「何故それを持っているのか理由を説明できないものは捨てる」というようなものだ。

明確な存在意義がなくて、なんとなく持っているものはあるだろう。

そういうものを洗い出すのに良い言葉だと思った。

この言葉のお陰で、モノを少なくするモチベーションが再び高まった。

仕事で輝く 人生が変わる 「そうじ力」で自分磨き!!

新品価格
¥1,296から
(2014/11/22 21:57時点)