【m】食器の数が少なければ、食器棚を持たずに済む

現在、一人暮らしというのもあるが、シンク下のスペースにすべての食器を収納できる。

以前は、お皿が何枚もあって、それらを立てる収納にしていたけれど、それはもういらないと気づいて処分した。そうすることでシンク下がすっきりしたのが爽快だったが、さらにミキサーを捨てたら圧迫感がなくなった。そんなシンク下から食器を取り出すたびにワクワクする。

  1. お茶碗(大)
  2. お茶碗(小)
  3. 汁物用のお椀、
  4. 中皿1つ、
  5. 木製の小皿
  6. 木製の小皿
  7. プレート(兼 お盆)
  8. コップ

スポンサーリンク

使用頻度ナンバーワンは、お茶碗(大)

昔は、一汁二菜って感じで食器がいくつもある状態でご飯を食べていたんだけど、小食にし始めたら、使う食器もそんなに要らなくなったね。

というか、朝ごはんは納豆ご飯を食べるくらい、または飲み物だけの日も。

週に5日は仕事で、弁当を持っていくので、それがそこそこの量になる。タッパーに、汁物は専用の保温容器に入れて持っていく。

休日もやっぱり朝は納豆ご飯を食べて、それから外出する。帰宅したらちゃんとご飯を食べないかも。


うーん。

なんか、大きなお茶碗以外の食器たちも捨てられるんじゃないかな?って思っている。

今よりも食器の量が少なくて困ることは・・・・

ない

捨てて困ることなんて滅多にないよね。

何か困って、買いなおしたものとかあるかな、と振り返っても、ないねり

捨て続けることで、そういうことがだんだん判ってくる。

なんでって、捨てたら困るような本当に必要なモノってちゃんと捨てないもんね。

想像すると、大きなお茶碗は捨てないだろうな。

もしご飯と味噌汁と食べるなら、ご飯を先に食べて、それから空いた茶碗に味噌汁を注いで食べることができる?

高い器をひとつだけ。

そう考えたら、上質なモノを妥協せずに買えるようになるだろうね。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク