【m】ミニマリスト的発想と豊かな波動を出すコツとの共通点

波動とかいうと怪しい?

そう私も思ってるんだけどね、波動という言葉を別の言葉に置き換えると、周波数、ムード、雰囲気といっても良いだろう。

そもそもミニマルライフに興味を持つキッカケが、「掃除をしたら開運する」みたいな美味しい話ですし(^p^)

ちなみに、私がお会いする社長さんたちの中には結構ゲン担ぎ(掃除で運が良くなる)とか、波動とか、そういうの意識してるヒトもいるので、ばかにはできません。

「引き寄せの法則」に必要なのは、「感情の先取り」である。豊かになりたくば、豊かさを先に感じることが大切。では、どのようにして豊かさを感じるのだろうか?

スポンサーリンク

もしも大金持ちだったら?

大金持ちごっこという本でも、斉藤ひとりさんは半ば冗談だが、会社最寄りコンビニを「うちの冷蔵庫」と呼んでいるそうだ。

大富豪が教えてくれた本当に豊かになれる「大金持ちごっこ」によると、斉藤ひとりさんは半ば冗談だが、会社最寄りコンビニを「うちの冷蔵庫」と呼んでいるそうだ。

あー、これは図書館でやってたわ。図書館を利用するときは「うちの書庫!」と思っていたな(笑)

蔵書数が多すぎて家に収まりきらないから、別のところに蔵書専用の建物を建てちゃったの! ぐふふ…って妄想すると確かにお金持ちの気分になったりしますわ。

お気に入りの公園はうちの庭だし、

IMG_7226

読書やブログ執筆に使っている図書館はうちの書斎だ。

IMG_6393

外食だって「うちのシェフ」に作らせていると思えばいいのか。材料費はそもそもかかるし、雇ってるなら給料も払わないといけないしね。そう考えると、格安だな。
IMG_7223
ホテルのラウンジで打ち合わせをすれば「うちの応接間」か。


あくまで脳内お金持ちごっこをして「ふひひ」と楽しんでいればいい。お手軽。

モノを極力持たないようにしているミニマリストと、意外に共通?

例えば冷蔵庫を持つのか持たないのか、とか、トイレットペーパーのようなストックはどうするのかとかテーマになるんだが、そういうときは

自由であり続けるために20代で捨てるべき50のことにもあるとおり、コンビニやスーパーが我が家の冷蔵庫という発想ならばストックは減らせるよねという思考だ。

つまり、

お金持ちごっこ

うちの倉庫があるから、アタシってお金持ち!

ミニマリスト

うちの倉庫があるから、モノを持たなくていいじゃない
うーん、似てる(笑)

モノを持たない発想が、実は豊かな波動を出すのに使えたとは!

目から鱗でありました。

楽天ブックスはこちら

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク