【m】良い気分で引き寄せを成功させる情報断食に、ミニマリストは有利か?【読書】


引き寄せの法則の鉄板は「いい気分」でいることだ。いかにいい気分でいるか、その方法として、ミニマルライフが役立つかなーと、共通点を見出したので今日はそのことについて語ってみる。

見出し(クリックで移動)

スポンサーリンク

情報断食

世の中には情報が溢れている。いい気分にしてくれる情報もあれば、そうでないものもある。いい気分にしてくれる情報を選択・集中して、そうでないものにはできるだけ触れない。

では、具体的にどうするか?

テレビを見ない

よく 、願いを叶えるためには 「願いに集中すること 」 「良い気分でいること 」が大切だとされていますがそのためには 「自分の願いとは逆の情報 」から離れる必要があります 。 「引き寄せの法則 」のエイブラハム ・ヒックスはべています 。また 、 「ザ ・シ ークレット 」 「スピリチュアル ・マ ーケティング 」で有名なジョ ー ・ヴィタ ーレ氏も 「マスメディアがこぞってネガティブな情報を流すのをやめれば 、人々の願いはよりいっそう叶いやすくなるだろう 」といった内容のことをおっしゃっていました 。

3日で驚くほど人生が好転する!情報断食より引用

私は自宅にテレビを置いていない。そもそもテレビを視聴する暇が無かったのが主な理由だが、番組の質の低下とか、頭文字Nの視聴料料徴収のえげつなさ(今度はネット配信してウェブに接続できるヒトから徴収しようと言ってるとかw)とか言われてる現状を鑑みると、今さらテレビが欲しいとも思わない。そんなわけで、ミニマリストに限らず、テレビを持ってる人って前よりも減ってるんじゃないかな。

実家に住んでいた頃はテレビを見ていたが、食卓で流れる番組と言ったらニュースだ。ニュースで扱うトピックといえば基本的に事件、事故、政治の問題など。おめでたい話題など僅少だ。
おめでたい話題だけを扱うニュース番組ってあっても良くないか?バラエティーになっちゃうの?
しかも、食事に気を取られているときにネガティブな話題が流れっぱなしって、考えると良くないよね。無意識のうちに受け入れるのを、自分でやってるわけだ。

これは情報断食したいよね。

じゃあ、ニュースだけ見なければいいかというとそうとも限らない。そもそもテレビにはスポンサーがついていて、スポンサーにとって利益になるように作られている。その方法として①単純接触効果、②スポンサーのイメージを積極的にアップさせる、③視聴者の不安を煽って消費行動に走らせる、くらいはあるだろう。

③はどんな番組ででも応用できる。

つまり、テレビはなくてもいいんじゃないかな、って思う。

お子さんがいる家庭だとテレビ無しっていうのはすこし難しいのかもしれないけど、大人の一人暮らしなら、必須アイテムということでもないし、いい気分を毎日毎日邪魔するモノを持たない生活というのありなのではなかろうか。

Amazonはこちらから


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。