【m】なくても平気だった。捨てたモノ ミニテーブル

8月中に「ミニテーブルが捨てられるかも?」とおもいたち、しばらく押入れに隠して生活したところ、「ミニテーブルがなくても大丈夫」という結論に至ったので、捨てることにした。

スポンサーリンク

捨てたモノ

サリュ!という1000円ショップで購入したミニテーブル。 一人暮らしだと座卓の大きさとしてはこれで十分だった。オサラバです!
IMG_6349

ミニテーブルの代わりは

本棚が机代わり

「机」と比較すると狭いけれど、受験勉強をしているわけでもなんでもないし、PCが乗る場所くらいは確保できるので、そんなに広くなくても事足りる。しかも、 がっつり集中して文章を書きたい場合、最近は大学図書館に行っているので、自宅で机にかじりつくことも無い。

床に座って間食みたいな簡単な食事をなんか食べたい場合

アカシアプレートを椅子の上に乗せるだけで十分だとわかった。椅子の上に茶碗とかなんとか置いて本格的に食事をするには、位置が高すぎる。なんなら、アカシアプレートを床の上において食事をしても構わない。

IMG_6390

箱膳が気になってきた

かつて、江戸時代の平民は、お盆の上に食器を乗っけてそれを床の上に置いていたみたいだ。お盆を使って床と「台」との境界を作れば、テーブルという存在にこだわらなくていいのかもね。
あるいは、「箱膳」に自分の食器を保管して、それらを重ねて保管してたみたいだ。そうやって、ミニマリストの通過点? の箱膳に興味が出てきたけど、ちゃんとしたものを買おうとおもうと一万円くらいするね!

この中に食器が全て収まるのか・・・(うっとり)みたいな妄想はしちゃうよねぇ。今なら、リアルに手持ちの食器類は中に収まるだろう。本棚を捨てるようなことがあれば箱膳に手を出すかもしれないけどね、それはまだ先の話だ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク