1日1食、30代前半はまだ早い?

5/25から食欲不振のついでに1日1.5食以内に変わって2週間以上経過。

当初は風邪と多忙の影響があったがが、落ち着いてきた現在も未だに起床直後にだるさを感じる。

日中はローテンションながら、22時ごろになると元気になるので、これは慢性疲労の日内変動の典型例のはず。

時には1日1食という日もあるが、寝る前にマルチビタミンミネラルのサプリを飲んでおくと翌朝に感じる体のだるさが軽減するし、睡眠時間が8時間→6時間へと短くなった。

仕事の多忙さを少し落ち着いているので、栄養不足からくる慢性疲労か?

もしかしたら慢性疲労に一度なってしまうと、回復するのにしばらくかかるのかもしれないが。

現在の働く時間が1日あたり8.5〜10時間、これが週に5日。
座ったり立ったりしているが、忙しいと立っていることが多くなる。

純粋な1日1食だと、活動量に見合った栄養がとれていないのかしら?

まだ減食するには早すぎた?

かといって、さほど空腹にもならない。

血糖値が下がると空腹を感じるが、食べないほうがかえって血糖値が安定するようだ。

今日は、 

午前

  • スムージー(有機ほうれん草、有機バナナ、豆乳ヨーグルト )
  • 納豆ご飯(ごま、のり、大根おろし、イワシ粉、亜麻仁油)
  • 肝油ドロップ2個

午後

  • 味噌汁(玉ねぎ、豆腐、わかめ)
  • ミックスナッツ

ほか、カフェオレ(無糖)を摂取。

振り返ると、やっぱり少ないね。

それでも1.5食くらいのボリューム?

一応、意識してスムージーとミックスナッツをとりいれてみた。

食欲が湧かなくてもある程度の量を確保するべきか、青汁的なものをもっと追加するか、検討の余地あり。
では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。 

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク