一日一食の方、案外身近にいる?

数日前に食べたご飯について書いてみた。


<6月3日>

午前中

  • ごはん(雑穀入り胚芽米)+納豆+ヘンプパウダー+有機大根おろし+味噌
  • 鶏肉と有機大根の葉っぱ炒め、

午後

  • 味噌汁(玉ねぎ、ワカメ、豆腐)
  • 有機バナナ
  • Meijiチョコレート効果86%2袋
  • 蒸かしたサツマイモ
  • バナナチップ

寝る前

  • 肝油ドロップ2粒
  • Meijiチョコレート効果86%2袋

飲み物はごぼう茶、ブレンディのカフェオレ砂糖ゼロ 

それぞれの量は少ないのだけど、食べたものを書き出してみるとたくさん食べているね。

昔はこの3倍くらい食べてたが、これは自分比で1.5食くらいだろうか。

残念なことに、ここ数回はもはやただの少食報告

毎日残業するほど多忙、かつ痒みによる中途覚醒の影響か、トータル8時間前後寝てます。

戻ってこい、5時間半睡眠の日々…。

スポンサーリンク

お客さんと一日一食の話になったら、その方も実は一日一食だった

ご飯を食べる暇もないくらいに忙しい 

のが一日一食の理由だそうで、ナカマ意識が勝手に芽生えました

この方は寝る前にポテトチップスを無性に食べたくなる時があるそうだが、

「食べちゃいけない!と我慢するより、太ったって構わない、と気持ちよく食べたほうがいいんじゃないか? でも食べないけどね!」

と話していた。

食べても良いんだ、と許可することでストレスが減って、かえって食べたいという衝動が減るそうで、

なんとなくわかるな〜。

私も空腹なのに耐えて減食しているというより、食欲がないのに便乗して、

1月から1日1.5ー2食(日によっては3食)だったのを5月下旬から1.5食以内に落としているところ。

好きな時に好きなだけ食べられる(テレビで見るような何十万円のフルコースは除いてね)贅沢もあるけれど、

食べらるけれど食べない

そんな贅沢もあるよね。

飢饉でもなんでもない平和な日本に住んでるんだもの。

こう考えたら、とんでもなく満たされた気持ちになった。

「ない」からこそ、「ある」が際立つ

ミニマリストの考えの醍醐味だろうか?

たとえ一日一食でも、毎日ご飯が食べられることのありがたみを急に感じた。

当たり前に感謝するよう普段から意識しているが、心からしみじみと感じるのは稀有なこと。

しかも食べているのがオーガニックとか、一食しかたべないなら存分にこだわることが可能なんだね!

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク