フセンで考えるとうまくいく【読書】

フセンを使って自分の考えをスッキリさせよう!というのが本書のテーマ。

【フセンのいいところ】

  • すぐに始められる
  • モヤモヤした状態のままで始められる…とにかく書く
  • ワンフレーズで書きやすい
  • はがして動かせる
  • 簡単に差し替えたり、移動したり、捨てたりできる
  • カラフルで感情を揺さぶってくれる

フセンで考えるとうまくいく:頭と心が忙しい人のための自分整理術22より引用

著者はコーチングにフセンを使う。

たとえば、やりたいことをとりあえず思いつくままにフセンに書いていく。

書き終わったら、似たようなもの同士、分類をする。

これだけでも自分が何に重きを置いているのかがわかる。

その中から重要なことトップ3を抽出したり、

好きなもの、嫌いなものと分けたり、

心理的距離感や優先度、本気度を距離で表すのに移動させたりと、

実に便利そうだ。

スポンサーリンク

すでに〝宝地図〟とインドマップの合体版みたいなのをフセンでやっていた

宝地図はコルクボードに写真を貼りましよう!みたいな感じだが、

ミニマリスト的にはコルクボードは邪魔!

 というのと、

枠を決めずにもっと自由に作りたい!

という思いがあり、壁にフセンを貼り付けるスタイルに落ち着いた。

壁ならかなりの広さが確保できる。

自分がよく座っている場所の目の前になんでも貼っている。

本書を読んでフセンを少し修正。

写真もいいやつに変えてみた。


宝地図なの?

マインドマップなの?

フセン使ったコーチングなの? 
なんだっていいよね。 
フセンに書いてることは、ブログのこととお金のことへの関心の高さがあらわれていることはわかった。 

一人暮らしだとこんなのも気兼ねなく書けますね( ´艸` ) 

新品価格
¥1,512から
(2015/5/28 23:49時点)


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。