【m】私がシャツに求める2つのこだわり

今後、新たにシャツを買うときできるだけ失敗しないよう、私のシャツ選びの基準を明確にしておこう。

スポンサーリンク

1. 背部にフックに引っかけられる紐がついている

ミニマリストの記事で見かけた、

フックにシャツを引っ掛けておく

というのに憧れ、やるために背部に紐がついているシャツを選んでいる。

実際やってみると、以下が便利に感じた。

  • 服をたたまなくてよい。
  • クローゼットに入れなくてよい。
  • ハンガーにかけなくてよい。
  • 床などそこらに置いているワケではない

あら、いいわねっ!

出勤して服を着替える時、ハンガーに画像と同様に同様にかける。

自宅では本棚の脇にS字フックをつけており、ジーパンとシャツをそこに引っ掛けている。

モノグサに優しい。


お気に入りの無印良品の赤白のブロックチェックシャツ。

無印良品のシャツには背部に紐がついている確率が高い。

先日、ふくふくプロジェクトで返したチュニックシャツ(白、黒)の背部にも紐がついている。

「なんでソレ買ったの?」

と尋ねられれば、これゆえに。



2. 胸ポケットはいらない

胸ポケットが左右についていたら絶対に買わないが、妥協して一つだけなら買う。

いらないよ、アレ〜!!

あっても全く使わない。

あっても全く使わない(2回目)。


持っているシャツには胸ポケットがついている。

惜しい。

無印良品で私が見た限り、リネンシャツに背部の紐がついていないようだ。

コットンシャツなら付いている。

何故だろう。

リネンだと破れる?

そんなことないよね。

変に薄くしなければ頑丈な素材のはずだし。

優先度は1>2

これまでのところ、胸ポケットがない服には紐がついておらず、紐がついている服には胸ポケットがついている。
く、悔しい…!

  • 背部に紐がついている
  • 胸ポケットがない
  • 生地の密度が高く頑丈で光沢のある白のリネンシャツ

こんなんあったら、これからの時期ゼッタイ買うよー!!