【m】私服の制服化を意図したわけじゃないのに同じ服ばかり着てる罠

4月の初旬に【m】春のミニマリストファッションにテーラードジャケットが活躍という記事を書いたが、あれから3週間近く経ち…

セーター、ダウンベスト、 シャツのように気候に合わせて多少の変化はあったものの、パーカー、ジャケット、ジーパン、ストールは共通で、

あれっ、ほぼ毎日同じ服を着てるんじゃない?

と気付いた。

スカートやらワンピースやら頻繁に着ていた時期が一時的にあったけれど気合を入れないカジュアルスタイルに落ち着いた。

ミニマリストの服といえば「私服の制服化」

「私服の制服化」という言葉を初めて知った時は目から鱗だった。

オシャレが趣味で「服はいろんなものを着て当然だ」、「同じ服を着続ける人なんて信じられない!」なんて思う時代もあった。

だが、日本は四季があるため1年という大きな目で見れば季節ごとに異なる服装をするのだ。

一年中気候が安定している地域に済まない限り、服の数に関しては本当の意味でのミニマルにはなりえない日本。

四季ごとの服を持っている日本人は、海外の人たちから見たらとんでもない数の服を持っているんだろうなぁ。

お気入りの組み組み合わせが着られるのもあとわずか

これからは夏用の薄手の服に入れ替わってくるので、その前に記念撮影。

※ストールまで撮影したら黒い塊が3つになったので除外。

写真の撮り方はASさんのブログ を真似したが…

どうして彼はあんなにオシャンティーに写真が撮れるの!?

背景の問題!? 

木の床?と畳とを比べたら見栄え負けするかな。

そして彼の写真は、カメラが良いのか、照明が良いのか、補正をしているのか、綺麗に撮影されている。

モノの並べ方にもセンスがある。

こっちなんかパーカーはぐしゃっとしてるもんね。

写真を撮るためにハンガーに吊るしてみたり、重ね着を再現するように床に置いてみたり…試行錯誤した結果、ASさん方式にしようと決めた頃には精神的疲労が発生して、もはや綺麗に陳列しようとか照明をどーこーしようとかどうでも良くなった結果があの写真だよ。

そんな言い訳をさせて欲しい。

※ASさんの部屋の美しさは垂涎モノです。

今日はどんな服を着るのか、頭を悩ませる時間があったら他のことを考える時間に費やす

そんな感じの格好いいこと言ってる偉人(ジョブス氏とかオバマ大統領とか) が居たよね。

私は彼らみたいな世界には住んではいないが、それでも、

「たまにはワンピースでも着ようかな…うーん……いつもの格好でいいや!」

 みたいに、服装をどうするか考えることを放棄しているこの頃。

最近は午前中はブログを書く時間に当てていて、思考する時間も前より増えているのではないだろうか。

すると時間がどんどん欲しくなる。

日々の繰り返しの行動をいかに効率良くしていくか。

時間を生み出す術の一つがコーディネートを悩まない、だろうね。

「私服の制服化…!? ナンカ カッコイイ!(憧)」みたいに思っていた頃はどうにもこうにも服装の持っていき方が不明だったが、モノゴトをシンプルにするための手段の一つに「私服の制服化」があるのだ。

ま、物は言いようで、言い換えたらモノグサなんだよねえ。 

そんなモノグサに優しいミニマリスト・ファッション! 

本来、ミニマリストになろうと思ってなるものじゃないんだけどね。

手段と目的をはきちがてはいけません。


シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク
スポンサーリンク