大根のすりおろしで短時間睡眠が可能に?

最近買った胡麻ドレを大根おろしにかけて食べたらとてつもなく美味しく、もう止まらない。
味噌でもマヨネーズでもかけるもの次第で味が変わるので、とうぶん飽きることなく、ブームは続きそうだ。

大根おろしを食べていると消化が捗る

大根は炭水化物、脂質、たんぱく質の分解酵素を持っているらしい。

お腹が空きやすくなったと実感するのでツライところだが…

昨晩は帰宅してからどーーーしてもお腹が空いたので、大根のすりおろしに胡麻ドレをかけて食べたらやっぱり美味しくて止まらず、想定していた量良くたくさん食べてしまった。

スポンサーリンク

さらに短時間睡眠がすすむ

昨晩は24時就寝し、5時に起床した。
ここしばらくは5時間半前後寝たところで目がさめる状態を維持していたのが、睡眠時間を大幅短縮したようだ。

以前にも空腹で寝る直前に大根のすりおろしを食べたら短眠化したことがある。

寝る直前にご飯を食べるのが良いか悪いか論争はあるだろうが、短眠化に少しくらいは影響があるのではないかと思っている。

また、職場へ持っていく弁当にも大根スティックを入れたので、この効果もあるだろう。

目覚めてから早朝ウォーキングにもさっさと出かけたみたが、体のだるさはなく、むしろ快調ですぐにでもジョギングしたいくらいだった。

※さすがにウォームアップ無しで走り出したら体に悪そう…ということでしばらく歩いてからジョギングを間歇的に取り入れた。

帰宅してからさらに90分ほど勉強をして、それからご飯を食べたりラジオを聴いたり・・・とのんびり過ごしている。

当初の目標は22時就寝04時起床であったものの、5時間睡眠が実現できるなら、

早く寝て日には03時起床も可能だろうか?

日中の眠気や疲労感もないので、大根おろしで酵素を補ったり、消化を助けたりすることで代謝が良くなっているのかもしれない。

食事の粗食化と短眠の探求は続く。

短時間睡眠ができたらやること

早起きしてやることいえば、エクストリーム出社か、読書・勉強か、ブログ更新か…。

仕事関連ブログを新たに始める気がようやく起きてきたので、自分の知識のアウトプット兼メモ帳かわりになるものとしたい。

手持ち資料の電子化というのも随分前から思って実行できていない。

これがなくなるとぐっとミニマルライフが捗るんだよね。

資料だって死蔵していたらもったいない。

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク