日の出ウォーキングで楽観的になる?

真冬はあまりに寒くて朝のウォーキングを20分ほどで切り上げていたが、3月末より桜を眺めながら歩いていたら50分ほど歩くようになった。

今までは7:30前後に目覚めることが多かったが季節柄朝日が徐々に眩しくなってきたおかげか、

4月に入ってから5:30前後に目がさめるようになったので「日の出ウォーキング」が実行できている。

個人的には5:30起床というのは相当な早起きなのだが、起床後さっと用意をして外出しても体のだるさや頭ぼんやりなどもなく、清々しく歩いていける。

そして1時間ほどたって帰宅してもまだ7時というのが驚きだ。

そこから自分が出勤まで3時間半〜5時間半は時間が取れるため、これまでより2時間は「朝活」のための時間が確保される。

この時間は、今のところは趣味の読書やらちょっとした勉強の時間に費やしているし、ブログをちょっと書いたりもしている。

せっかくのゴールデンタイムを自分のためだけに使えるのから、もっともっと充実させたい。

何時に寝ても5:30前後に起床

22時に寝ても24時に寝てもとりあえず5時半に目覚めるのは、

「朝日を目に入れることで体内時計がリセットされる」という効果もあるだろう。

個人的には少食化、大根おろしを食べる、サラダ、果物のといったローフードを意識する、とか食べ物・食べ方 を変えて消化器にかかる負担が減ったことで代謝アップして短時間睡眠でOK!

となったのではないか!と思いたい。

現在も1日1.5〜2食ほどに食事量・回数が落ち着いている。

初期の体重減少中はだいぶ辛かったが、体重が安定してからは、年度末が多忙だった割に疲れていていない印象だ。

だいたい、疲れるとすぐに風邪をひいていたが、その気配が感じられない。

早朝ウォーキングをして、少食にして、 短時間睡眠OKになって、時間がたくさん確保できて…

さてさて、この絶対的資源をどうしようか( ^ω^ )

スポンサーリンク

早朝ウォーキングで撮影

いつもと違うコースへ行くと、綺麗な花を見つけて心癒された〜

こういう小さなことを「幸せ〜!」と大きく感じることが人生を楽しく生きる秘訣かな。

眺めるの、ロハやで!